大鶴義丹の再婚相手の嫁は泰子で職業は?父親は唐十郎で母親の名前は?

Sponsored Links

大鶴義丹さんは東京都出身の俳優で小説家。

映画監督もしているようです。

大鶴義丹さんの再婚相手の嫁は泰子さんというようです。

泰子さんの職業は何なんでしょう。

父親は演出家で俳優の唐十郎さん

母親はどんな人で名前ななんとうい人でしょうか。

気になったので、大鶴義丹さんについて調べてみました。

大鶴義丹 経歴

名前   大鶴義丹
生年月日 1968年4月24日(48歳)
身長   180cm
出身   東京都杉並区
所属   ケイダッシュ

大鶴義丹さんは玉川学園高等部に入学しますが自主退学。

その後、和光高等学校に入学し卒業。

和光高等学校は東京都町田市にある私立高等学校。

和光高等学校は芸能人の子供が多い高校で有名なようです。

俳優の柄本時生さん、タレントの渡辺裕太さんなども卒業生です。

大鶴義丹さんは高校卒業後に日本大学芸術学部に入学しますが、中退。

日本大学在籍中の1990年、小説「スプラッシュ」を書き、この小説が、第14回すばる文学賞を受賞して、小説家デビュー。

大鶴義丹さんが22歳の時のことです。

大鶴義丹さんが現在も連載などものを書く仕事をしています。

俳優デビューは、1984年、大鶴義丹さんが高校生の時、NHKのドラマ「安寿子の靴」。

1995年、「となりのボブ・マーリィ」で映画監督デビュー

大鶴義丹さんが27歳でした。

その後は、俳優として活躍

大鶴義丹 マルシアと結婚

大鶴義丹さんは1994年、歌手のマルシアさんと結婚しました。

大鶴義丹さんとマルシアさんの出会いは、1993年に放送された、TBSのドラマ「オレたちのオーレ!」の共演。

「オレたちのオーレ!」はサッカーを題材に他ドラマで、大鶴義丹さんとマルシアさんの役柄は、大鶴義丹さんはブラジルのサッカー選手の役で、ブラジルで、日系ブラジル人役のマルシアさんと出会い、日本に渡った、大鶴義丹さんをマルシアさんが追いかけて日本に渡り、結婚を迫るという役でした。

大鶴義丹さんとマルシアさんは出会って1年程で結婚。

結婚当時はの年齢は

大鶴義丹さんが、26歳

マルシアさんが、25歳

でした。

長女が生まれますが、2004に離婚。

結婚生活は10年でした。

離婚の原因は大鶴義丹さんの浮気相手とマルシアさんが自宅で鉢合わせしてしまったことのようです。

離婚後、長女の親権はマルシアさんが持ち、大鶴義丹さんが養育費を払うことになりました。
大鶴義丹さんは、養育費を払い、卒業式などの行事には参加していたです。

養育費も2017年10月に終了とのこと。

きっと、長女が20歳になるんですね。

大鶴義丹の再婚相手の嫁は泰子で職業は?

大鶴義丹さんは2012年11月、高校時代から友人の泰子さんと結婚

泰子さんは大鶴義丹さんの1学年下。

ブライダルをプロデュースする会社に勤めているそうです。

大鶴義丹さんと泰子さんは結婚の6年前の2006年に、仕事で偶然再会。

その後、は友人として会っていましたが、2012年5月頃から交際に発展し、同年の11月に結婚。

再会して友人としてに付き合いは5年程ありますが、交際から結婚までは6ヶ月でした。

結婚した時の年齢は、

大鶴義丹さんが44歳

再婚相手の泰子さんは43歳

でした。

大鶴義丹さんは、再婚相手の泰子さんの両親に挨拶に行く時に、自分の浮気の過去がばれないように泰子さんに、実家のインターネット回線を切るように、頼んだそうです。

そのせいか、挨拶の時には、過去のことについては、バレなかったんだとか。

当時の両親は、大鶴義丹さんのことをよく知らなかったようですが、最近はバレてきている
そうです。

大鶴義丹の再婚にマルシアは不満

この結婚に対して、前妻のマルシアさんは少し不満だったようです。

大鶴義丹さんとマルシアさんとの間に、子供が成長するまで再婚はしないというルールがあったようです。

大鶴義丹さんが再婚した時、娘は15歳の中学生で、マルシアさんは、大鶴義丹さんの再婚について「ナイナイアンサー」に出演した時

「ビックリしちゃって。またルール違反?って」

と話していました。

確かに、15歳の中学生は成長した年齢と言うのには微妙ですね。

大鶴義丹の父親は唐十郎

大鶴義丹の父親は唐十郎(から じゅうろう)さん。

唐十郎さんは、劇作家、作家、演出家、俳優といろんな肩書きのある方です。

1940年2月11日生まれの77歳。

明治大学文学部演劇学科卒業で、1963年、唐十郎さんが23歳の頃から舞台中心で活動しています。

ドラマや映画も出演しますが、本数は少なく、数年に1程度しか出演していません。

舞台の演出家としての仕事が主なようです。

唐十郎さんは、2012年5月に自宅前で転倒して頭を打ち、脳挫傷の大怪我となり、奇跡的回復しているようですが、その後はあまり仕事はしていないようです。

大鶴義丹の母親は李麗仙

大鶴義丹さんの母親は女優の李麗仙(り れいせん)さん。

1942年3月25日生まれの75歳

東京都出身

在日韓国人2世ですが、日本語しか話せないそうです。

1963年に唐十郎さんが設立した劇団に入り女優デビュー

出演の多くは舞台ですが、1970年頃からテレビドラマにも出演。

1967年、李麗仙さんが25歳の時、唐十郎さん翌年の1968年に大鶴義丹さんが生まれます。

結婚当時、唐十郎さんは27歳でした。

大鶴義丹の両親の離婚

唐十郎さんと李麗仙さんは1967年結婚

1968年に、大鶴義丹さんが生まれます。

1988年4月に離婚

大鶴義丹さんが20歳の頃です。

唐十郎さんは翌年の1998年に再婚

離婚の原因については発表されていませんが、唐十郎さんの再婚が早かったことから、一部では唐十郎さん浮気が原因という見方もあるようです。

大鶴義丹 最後に

大鶴義丹さんはマルシアさんと結婚し、驚いたことは、マルシアさんが踊りながら料理を作っていたことと話しています。

大鶴義丹さんは、当時のことを振り返り

「これが一生続けば良いなと思った。人生の中でとても素晴らしい時間を過ごせた」

と話しています

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする