小川真澄(パンプキン)の娘が障害?現在は米子に住んでいる?

小川真澄さんは元サンミュージック所属のアイドルグループ・パンプキンのメンバー

現在は芸能界を引退し米子に住んでいるそうです。

小川真澄さんがアイドルとして活動していた期間は5年と短く、早く引退したようです。

そんな、小川真澄さんの娘に障害があるとの噂が。

小川真澄さんの娘にどんな障害があるんでしょうか?

スポンサーリンク

小川真澄 プロフィール

名前   小川真澄
生年月日 1972年5月6日(44歳)
出身   東京都八王子市
所属   亜細亜大学経営学部経営学科

小川真澄さんは1989年、17歳の時にサンミュージックのアイドルグループ・パンプキンに2期メンバーとして加入

1991年、亜細亜大学経営学部経営学科に入学

小川真澄さんが加入してから、3枚のシングルをリリース

1993年、パンプキンが解散1

同年、小川真澄さんも芸能界を引退

小川真澄さんは中学生の頃にアイドルに憧れて、サンミュージックの養成所に入ったようです。

パンプキンに入ったのは、初期メンバーが体調不良で脱退したことで、メンバーに選ばれました。

アイドル時代は志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ系)のレギュラーにもなっていいした。

小川真澄さんはパンプキン解散後、すぐに芸能界を引退しています。

大学に通っていたし、学業優先に決めたようですね。

大学卒業後、22歳の時結婚します。

小川真澄 2度の離婚、3度目の結婚

小川真澄さんは、22歳の時に結婚し、3人の女の子にも恵まれますが、8年間で離婚したそうです。

離婚理由は性格の不一致。

小川真澄さんが離婚したのは、30歳ぐらいですね。

小川真澄さんは東京出身ですが、最初の結婚相手が鳥取県米子市の方だったので、引っ越してきたそうです。

離婚した後も、米子市が気に入ったので、そのまま住んでいたそうです。

2回目の結婚相手も米子の方で、結婚生活は5年で終止符。

現在は1つ年上の男性と結婚しているそうです。

子供は最初の結婚相手との間に生まれた、3人の娘だけのようです。

小川真澄の現在の仕事は?

2009年にサンミュージックアカデミー米子校が開校され小川真澄さんはそこの責任者になったようですが、2015年11月に閉校。

その頃に、地元ラジオのDJや、ハーブの販売などもしていたようです。

ラジオ出演はたまにあるようですが、ハーブの販売はホームページが削除されているので現在営業しているかは不明。

現在は、カラー戦略ウェブ解析士という仕事をしているとのこと。

仕事内容は色彩心理を利用し企業などのウェブサイトの構築のサポートなどを行ったり、パンフレットや名刺などのアドバイスをしたりしているようです。

他にも、今の旦那さんが。タイヤ販売の会社を経営しており、そこの取締役もしているようですね。

現在は、本名のながみますみの名前で活動しています。

小川真澄の娘が障害?

小川真澄さんの次女のりんちゃんが知的障害をかかえてしまっているようです

りんちゃんにもともと体は少し弱かったものの、障害はありませんでした。

障害を持った原因は、6ヶ月の時に受たけ予防接種。

ポリオの生ワクチンが原因だそうです。

ポリオの生ワクチンとは弱いポリオウィルスを体内に入れ抗体を作るワクチンです。

2012年年9月1日からは、ポリオの生ワクチンの定期予防接種は中止され、現在は不活化ポリオワクチン(ウィルスを殺し、免疫をつくるのに必要な成分を取り出して病原性を無くしてつくったもの)が導入されています。

予防接種の後、医師の誤った診断による治療の遅れもあり、重い髄膜炎にかかり知的障害が残ってしまったそうです。

予防接種をう受けてすぐに熱を出し、病院に連れて行くと、最初の診断では、突発性発疹と診断され、座薬など貰い帰りますが、高熱は引かず、嘔吐まで。

結局、髄膜炎と診断されるまで時間がかかり、障害が残る結果に。

小川真澄さんは早い段階で大きな病院に連れて行かなかったこと今でも後悔しています。

小川真澄さんはこのことについてブログで

【小さいお子様をお持ちのママたちへ私が伝えたいこと。】

遠慮せず、病院にガンガン行くこと。
時には、いい人にならなくってもいいということ。
今、大変なんです!!と声を大にして言える勇気を持つということ。
お医者さまも人間だということ。
母が結局1番わかっているということに自信を持っていいこと。

私のような経験を、皆さんがしないように…
また、綴ってみました。

と書いています。

小川真澄の次女の現在は?

小川真澄の次女のりんちゃんは、現在高校2年生になり、県立米子養護学校に通っているそうです。

高校入学の際には、県立米子養護学校、市の市役所の障がい者支援課、中学の特別支援学級の担任の先生が集まり、今後のりんちゃんのサポートについて会議をしたそうです。

デイサービスどの支援のアドバイスなどを受け、小川真澄さんはとても助かっているそうです。

小川真澄 まとめ

小川真澄さんは大変な苦労をされていますが、とても前向きな方のようです。

新しいカラー戦略ウェブ解析士という仕事を頑張って、家族と幸せな生活をしてほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする