次長課長・井上の現在は?テレビから消えたのはなぜ?

Sponsored Links

コンビで人気だった次長課長

次長課長・河本さんは深夜番組でたまに見ることもあるんですが、次長課長・井上さんは最近ほとんど見ません。

ゲームばかりしているとの噂ですが、次長課長・井上さんは現在はどうしているのでしょう。

[ad#ad1]

次長課長・井上の現在は?

次長課長・井上さん、最近テレビでめっきり見なくなったので、調べてみると

ちゃんと仕事してました(笑)

テレビでは、テレビ神奈川の「サタミンエイト」
BSフジのDO YOU? サタデー(コーナーMC)などのレギュラーがありました。

「サタミンエイト」は土曜8時からの生放送でメインMCのようです。

テレビ神奈川は神奈川県とその周辺しか受信できないので多くの人が見ることは出来ませんね。

でも、しっかり仕事はあるようです。

関西や地方などで出演番組は結構あるようですね。

ロケなんかも結構しているようです

ゲーマーの次長課長・井上さんはゲーム系の仕事も多いようです。

次長課長・井上はゲーマー

「お笑い界のイケメンゲーマー」とも称されるほどのゲーム好きの次長課長・井上さん

最も好きなジャンルはロールプレイングゲームで、ゲームクリア後のスタッフロールを目にし、感動のあまりせ泣いているところを相方の河本に目撃されたことがあるそうです。

モンスターハンターシリーズのCMにも出演していました。

その時、テロップで出たシリーズの総プレイ時間は4904時間でした。

時間を日に直すと、204日以上。

モンスターハンターが最初に発売されたのが、2004年、CMが放送されたのが2009年。

ザックリ計算してみたら、5年間毎日、2時間半以上モンスターハンターをやっていた計算になります。

すごい時間ですね。。。汗

もちろん、他のゲームもやってるでしょうからね。

そう考えるともっとスゴイ。

そりゃ、ゲームの仕事もきますね。

これだけゲームが好きで、ゲームの仕事が出来て、しっかりギャラも入いる、超売れっ子芸人ほどの仕事量じゃないから、ゲームする時間も出来る。

これは、すごく幸せな生き方だぁ。

次長課長・井上がテレビから消えたのはなぜ?

次長課長・井上さんがテレビから消えていないと上で書きました。

でも、全国ネットのテレビで次長課長・井上さんがほとんと見られないのは事実

やはり、相方の河本さんの母が生活保護受給していた問題の影響が大きいようですね。

問題発覚後、レギュラー出演していた、「火曜サプライズ」を降板しています。

河本さんを呼べないため、井上さんも呼ばれないことになり、イベントなども減ってしまったようです。

それで、次長課長・井上さんは何をしたかというと、ゲームをしてました(笑)

ゲームという得意分野があるので、ゲームのイベントなどには、次長課長・井上さんひとりでよく呼ばれているので、テレビの仕事が少し減っても、そんなに生活に影響はないようですね。

ただ、一部では相方の河本さんが、生活保護問題で追い込まれていた時、特にフォローもせず、ゲームばかりしていたこと。
しゃべりが上手くフリートークで笑いの取れる河本さんに対して、笑いのとれない井上さんの評価は低いとも言われているそうです。

次長課長のネタは井上に主導権

次長課長のネタは2人で作るそうですが、ネタ作りの主導権は井上さんにあるそうです。

河本さんがキャラをプレゼンし、井上さんが判断することが多いそうです。

次長課長・井上さんは、フットンダ王に3回、吉本興業が主催するイベント、ダイナマイト関西2016でも、ベスト4に残るなど、大喜利が得意です。

シュールなネタを好むため、観客に伝わりにくく受けないことも多いそう。

以前「たけしの誰でもピカソ」に出演した時、ビートたけしにツッコミが自然で上手いと評価されそうです。

笑いのセンスはあるようですが、座右の銘が「後ろへ後ろへ」だそうで、前へ出るタイプじゃないようです。

職人タイプって感じですかね。

次長課長・井上 プロフィール

名前   井上聡
生年月日 1976年2月2日(41歳)
身長   175cm
出身    熊本県玉名市(岡山県岡山市育ち)
所属   よしもとクリエイティブ・エージェンシー

1994年 中学時代の同級生だった河本準一とNSCの同期生との3人で「次長課長社長」を結成

1年で同期生が脱退

座右の銘は「後ろへ後ろへ」

吉本男前ランキング2006年~2008年まで3年連続1位で殿堂入り

運動神経も良く男前でピアノ、ギターなどの楽器も出来るが、勉強は苦手

高校時代は皆勤賞だが、偏差値は21だった

次長課長・井上 まとめ

男前で笑いのセンスもあるのに、イマイチ売れない次長課長・井上さん。

座右の銘が「後ろへ後ろへ」だったんですね。
テレビに出る芸人としては、この座右の銘は厳しいですね。

ひな壇とか呼ばれなさそう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする