オカダ・カズチカの年収がスゴイ!彼女はテレ朝の森葉子アナ!

オカダ・カズチカの年収がスゴイ!彼女はテレ朝の森葉子アナ!

新日本プロレスの人気レスラーオカダ・カズチカさん

29歳という若さでメインイベンターを努めているようです。

女性ファンも多いんだとか。

そんな、オカダ・カズチカの年収がスゴイとの噂が。

彼女は、女子アナだそうです。

いったいどこで出会ったんでしょうか。

スポンサーリンク

オカダ・カズチカ プロフィール

名前   オカダ・カズチカ
生年月日 1987年11月8日(29歳)
身長   191cm
体重   107kg
出身   愛知県安城市
所属   新日本プロレス

中学時代、プロレスゲームをやったことで、プロレスに興味を持つ

始めは新日本プロレスを見ていたが、メキシカンスタイルのプロレスに興味が移る。

2003年 中学卒業後、高校へは行かず16歳でメキシコに渡り、ULTIMO DRAGON GYM 闘龍門に
13期生として入門

2004年8月 メキシコ・アレナコリセオ(プロレス会場)で試合デビュー

2004年12月 ヤングドラゴン杯を制覇

2007年8月 新日本へ移籍

2008年4月 新日本試合デビュー

2010年1月 TNA(アメリカのプロレス団体)への無期限武者修行を発表

2011年12月 TNAでの武者修行を終え新日本に凱旋帰国

髪を金髪に染め上げ、ファイトスタイルも従来と比較すると、ヒール寄りのスタイルに変化

オカダ・カズチカの年収がスゴイ!

新日本プロレスの人気ベテラン選手で、5000万円ほどと言われていますが、オカダ・カズチカさんもそれと同じくらいと言われています。

その理由はいくつかあります、

まずは、愛車。

オカダ・カズチカさんはインタビューで

念願のフェラーリ488 GTBをオーダーしたので、もうすぐ納車になると思います。もう、納車される日が楽しみで仕方ありません(笑)

引用 http://getnavi.jp/

価格は総額3500万円です。

これだけで、5000万円くらい稼いでいそうですが、他にも理由があります。

2016年01月の東スポWEBで

木谷オーナーは新日プロのトップ選手の年俸ラインを1億円に引き上げたいという希望を持っており「3年後くらいにそこまで持っていければ」。もちろん現段階でオカダは「1億円プレーヤー」の筆頭候補ということになる。

と書かれています。

この記事を見るともしかしたら、オカダ・カズチカさんの年収は5000万円より上かも知れませんね。

オーナーの言ったとおりなれば2019年頃には、年収倍増ということになりますね。

プロレスラーのトップ選手の年収は1980年代前後、アントニオ猪木さんが全盛期の頃は、1億円を超えていたそうです。

今よりもプロレスの人気が高く、テレビ放送も多くありましから、プロレス団体も収入が多かったんですね。

現在は興行中心ですから、オカダ・カズチカさんのような、人気レスラーがお客さんを呼んでくれないと、1億円超えは難しいようです。

そのため、20代に若さでメインイベンターを努めるトップレスラーのオカダ・カズチカさんの人気をさらに高める計画があるようです。

2016年02月の東スポWEBで

木谷オーナーは「詳しくは言えないが、オカダ選手を徹底的にスターにします。プロジェクトとして2億円レベルの話がある」と、リング外での知名度アップを目標としたプランも用意しているという。これは日本にいながら世界のスターを目指せる環境を整えるためで、オカダをそのモデルケースにしたい意向だ。

2億円とはスゴイ金額ですね。

オーナーのオカダ・カズチカさんへの期待が窺えますね。

オカダ・カズチカの彼女はテレ朝の森葉子アナ!

2017年1月、オカダ・カズチカさんと森葉子アナが真剣交際で結婚間近と報じられました。

オカダ・カズチカさんは報道について質問され
「お相手のあることなので、きちんとしたご報告ができる時がきたら、自分からちゃんとご報告させていただきます」

と答えています。

森葉子アナは特にコメントしていません

2人は2012年8月のオカダ・カズチカさんがG1クライマックス初優勝した時に、新日本プロレスの中継番組「ワールドプロレスリング」を放送するテレ朝関係者が企画した祝勝会で出会い、翌2013年から交際。

お互いに仕事が忙しく、一度は破局したそうですが、2016年に復縁したとのことです。

年齢は森葉子アナがひとつ年上のようです。

オカダ・カズチカ まとめ

プロレスラーって結構稼いでいるんですね。

正直そこまで多いとは思ってませんでした。

時々バラエティにも出演しているようなので、知名度もあがりますが、さらに収入が増えますね(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする