小倉優子がとうとう離婚?!原因・理由は何?旦那はどんな人

小倉裕子さんがとうとう離婚か?という記事が出ましたね

小倉裕子さんといえば今までも何度か離婚危機と噂されていました。

結婚8年目だそうですが

離婚の原因・理由は何なんでしょうか

旦那はどんな人なんでしょうか

気になりますね。

スポンサーリンク

小倉裕子がとうとう離婚?!

小倉優子さんは

2011年10月7日

婚姻届を提出したと会見で発表

2011年10月10日

ハワイでで結婚式

2012年6月5日

第1子男児を出産

2016年11月18日

第2子男児を出産

と最近までは幸せな生活を送って

いると思われていました

ブログでも幸せなママ生活を

アップしていましたしね。

しかし、順風満帆と思われていた結婚生活に

ショッキングな報道がされました。

2016年8月3日

週刊文春で夫、菊池勲と

所属事務所後輩タレントの馬越幸子との不倫交際が報道

小倉優子さんが妊娠中のことです。

しかも所属事務所の後輩。

これは、キツイですね。

やはりこれが離婚の原因・理由何でしょうか

原因・理由は何?

記事では会員制キャバクラの常連客の証言として

「女として見ていない」

「本とか出してるクセにマズい」

と旦那の菊池勲さんが発言していたとしています。

これはキャバクラの男性客の話なので

男同士の話として照れ隠しとれないこともありませんけどね。

ちなみに、1回の来店で20万円ほど使い

週3回ほど訪れるそうです

記事の最後には

「現在、夫婦は別居しており、菊地さんは第2子が生まれて3ヵ月以上たったいまも

『名前すら教えてもらってない』とコボしています」

1月下旬、本誌は愛息を幼稚園に迎えに来たゆうこりんを目撃しているが、

彼女の薬指からは結婚指輪が消えていた。

この記事を信じるなら

自分の子供の名前えお覚えてないなんて最悪ですね。

ちょっと信じられません。

不倫があって別居していたとしても自分の子供の名前を

覚えないなんてありえませんよね。

小倉優子さんは不倫報道の取材で

離婚を完全に否定し

「自分にも反省する点があった」

と前向きにやり直す意向を見せていました。

旦那の菊池勲さんも

不倫報道の取材で

「話し合った」

「離婚はしない」

と方っていました。

でも、不倫相手

馬越幸子(26歳)は

事務所の後輩で

33歳の小倉優子さんより

7つも若いとあっては、

小倉優子さんが取材で本音を語っていない

とも考えられます。

旦那の菊池勲さんは離婚はしたくない

と言ってはいるものの

夜遊びはやめていないとの話もあるそうです。

根っからの遊び人なのかもしれませんね。

だとすると

報道以外のトラブルもあるかもしれません。

一度浮気されたなら

小倉優子さんも警戒するでしょうし

以前ならバレなかった行動も

バレする可能性があります。

小倉優子さんのブログでも以前は

小倉優子さんはまだ子供が小さいので

テレビなどの仕事はあまりしていませんが、

2016年もCMに2本出ていてある程度の収入

あると思いますが、

小さい子供を二人もって離婚するの勇気が

いるのは、普通の女性と変わらないのかもしれません。

旦那の菊池勲さんが時々出ていましたが

不倫報道後はブログに登場することはなくなしました。

子供は現在4歳と0歳

手のかかる時期です

仮に離婚して

自分が仕事をするなら

子供はどこかに預けないといけないので

人によってはそれを嫌う人もいるでしょう。

もしも

「自分が我慢すれば」

って小倉優子さんが思っていたとするなら不憫です。

小倉裕子の旦那の菊池勲ってどんな人

菊池勲は有名なヘアメイクアーティストのようです。

年齢は1970年10月30日生まれの46歳

南青山で美容室を経営しています。

その他にも、商品の開発、コンテストの審査員、セミナー

など多くの仕事をこなし

年収は推定8000万円はあるといわれています。

スゴイ収入ですね。

だから、高級キャバクラに週60万円も使えるんですね。

ヘアメイクアーティストとしても

多くの芸能人や著名人を担当するなど

実力も確かなようです。

美容師って売れっ子になると

仕事の幅が広がってスゴイ収入になるんですね。

小倉優子が離婚 まとめ

子供の名前を覚えていないって衝撃的でした

指輪していないって話ですが

小倉優子さんのブログの画像ざっと見たんですけど

あまり左手がよく写っていないんですが

指輪をつけてる画像はなかったです。

ざっとしか見ていないんで良く見ればあるかもしれませんが

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする