桃井かおりの結婚歴や旦那・子供はいる?現在や経歴・学歴

桃井かおりさんは東京都出身の女優。

桃井かおりさんに結婚歴はあるのでしょうか?

旦那や子供は?

現在の活動は?

経歴や学歴は?

気になったので、女優の桃井かおりさんについて調べてみました。

スポンサーリンク

桃井かおりの経歴・学歴

名前   桃井かおり
生年月日 1951年4月8日
出身   東京都世田谷区
身長   162cm
所属   モモイ カオリ. アトリエ・エツ

桃井かおりさんは東京都世田谷区出身。

父親は国際政治学者・軍事アナリスト、翻訳家・編集者としても活躍した桃井真さん

母親は芸術家。

4人兄弟の3番目で兄が2人と弟。

3歳からバレエを習い始め、小学校2年生の時、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。

中学生の時、イギリスのロイヤル・バレエ・アカデミーに単身留学。

しかし、日本人の体型の限界を悟って挫折し帰国。

中学は女子美術大学付属中学

高校は女子美術付属高校

を卒業。

イギリスからの帰国後もバレエは続け、中学・高校時代は東京バレエ団に所属しながら、「劇団若草」という老舗の児童劇団に入団。

学校では陸上部の所属していたそうです。

高校卒業後、両親に内緒で女優を目指し文学座の養成所の第11期生として入所。

桃井かおりさんは女優を目指した理由について、

「私が女優になったのは憧れとはちがって、女優にならないと何かが切実に狂っていく気がしたから。多分ずっとウソをついて生きなきゃいけないだろうなって。」

「体育会系のわりには理屈が多いし。役者はちょうど合っていたんでしょうね。合っていたから続けている。『居心地がいいから同じ家に住んでいる』っていうのに似ています。」

引用 https://wendy-net.com/

と話しています。

1971年5月、映画「愛ふたたび」で映画デビュー。

同年8月、日本テレビのドラマ「花は花よめ」でドラマデビュー。

同年、映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」でヒロインを演じました。

ヌードシーンもあり、映画みた母親は卒倒し、父親からは勘当を言い渡され、桃井かおりさんは家出。

広島県江田島に行き、飲食店で住み込みで働いたそうです。

数ヵ月後、新聞の伝言欄の「かおり許す、父」を見て自宅に戻り、女優を再開。

1973年には歌手としてもデビューしています。

1975年10月から放送された日本テレビ系のドラマ「前略おふくろ様」で注目され、1977年公開の映画「幸福の黄色いハンカチ」の小川朱美役で、

日本アカデミー賞・助演女優賞

ブルーリボン賞・助演女優賞

を受賞。

1979年公開の映画「もう頬づえはつかない」で映画初主演。

同年に公開された映画「神様のくれた赤ん坊
」でも主演を努め、この2作の演技で桃井かおりさんは

日本アカデミー賞・主演女優賞

ブルーリボン賞・主演女優賞

を受賞。

人気絶頂だった1981年、単身でニューヨークに渡り、帰国後は八ヶ岳で生活していました。

1991年、オムニバス映画「ご挨拶」の3話で映画監督デビュー。

2005年、映画「SAYURI」でハリウッド映画初出演。

翌年の2006年にはアメリカ合衆国映画俳優組合に加入しました。

桃井かおりの結婚歴や旦那・子供は?

桃井かおりさんが結婚したのは2015年。

結婚した時、桃井かおりさんは64歳。

旦那は9歳の頃から知っている同い年の幼馴染の音楽プロデューサーの男性。

事実婚状態だったそうです。

プロポーズは桃井かおりさんからで、ある日いっしょに音楽を聞いていた時、「あたしたちも64(歳)だし、(もうすぐ)6月4日は来るし、ここでどう?」と持ちかけたそうです。

桃井かおりさんは結婚生活について

「別れる気がしない、とか、嫌だなと思ってたことが大丈夫になっていっちゃうとか、どんどん好きになっていくとか、そういうの初めてだった。」

引用 https://www.nikkansports.com/

と話しています。

桃井かおりさんはこれまで結婚歴はなく、子供はいません。

桃井かおりの現在は?

桃井かおりさんは現在ロサンゼルス在住しています。

ロサンゼルスに在住したのは、アメリカ合衆国映画俳優組合に加入した2006年頃からのようです。

現在では女優業だけでなく、ジュエリーのプロデュースなどもしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする