石井亮次フリーアナの嫁や子供は?実家はガソリンスタンド?経歴や学歴は?

石井亮次さんは大阪府出身のフリーアナウンサー。

CBCテレビの「ゴゴスマ」のMCを努めている医石井亮次さんですが、経歴や学歴は?

石井亮次さんの妻や子供は?

実家はガソリンスタンド?

気になったので、フリーアナウンサーの石井亮次さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

石井亮次の経歴・学歴

名前   石井亮次
生年月日 1977年3月27日
出身   大阪府東大阪市
身長   181cm
所属   ジャパン・ミュージックエンターテインメント

石井亮次さんは大阪府大阪市生まれ。

3人兄弟の次男。

アナウンサーに興味をもったのは小学生の時。

石井亮次さんは阪神にファンで野球中継を良く観ていたそうですが、テレビの音を消してラジオの実況を聞くという楽しみ方をしていたそうです。

そのラジオの実況アナウンサーに憧れ、アナウンサーになる夢を胸に秘めていたそうです。

中学は同志社香里中学校

高校は同志社香里高校

大学は同志社大学文学部

を卒業しています。

同志社香里中学校は大阪府寝屋川市にある私立中学。

偏差値は64

2002年に男女共学になりましたが、石井亮次さんの時代は男子校でした。

大阪府には男子校、女子校、共学校を合わせると60校以上の私立中学がありますが、調べてみると7番目に高い偏差値のようです。

学費は年間約105万円で、大阪府の私立中学では関西学院千里国際中等部の約140万円、関西大学中等部の約130万円に次ぐ3番目に高額。

石井亮次さんはインタビューで、

「中学受験と就活が勝負時でした。」

と話しています。

受験した中学は3校で、2校連続で不合格。

石井亮次さんは

「三つ目落ちたら恥ずかしいから、三つ目受けるのは嫌だ」

と母親に懇願したんだとか。

同志社香里高校には内部進学しています。

同高校の偏差値は66

高校時代はMBSラジオの「MBSヤングタウン」のヘビーリスナーで、ますだおかだがパーソナリティを務めていた水曜放送分のリスナー参加企画に電話で出演したこともあるそうです。

同志社大学時代に交際していた彼女が、フジテレビのアナウンサー試験を受験。

石井亮次さんはアナウンサー試験には、英語や難しい試験があると思っていたそうですが、フジテレビを受験した彼女から、「面接だけだった」と聞き、小学校時代の思いが蘇りアナウンサーを受けることを決意。

アナウンススクールに通い、大学4年の就職活動では東京、大阪、名古屋のテレビ局をのアナウンサー職を受験するも、すべて不採用でした。

ただ、大阪と名古屋のテレビ局の試験はけっこういいところまで行ったことから、1年就職浪人するこを決め、大学も留年。

翌年に名古屋の中部日本放送に合格。

石井亮次 中部日本放送入社

2000年4月に中部日本放送に入社。

石井亮次さんはスポーツ実況中継要員として採用だったそうで、入社後、2軍の球場で実況の練習をしたそうです。

しかし、スポーツを担当したのは入社後2年間。
入社3年目には朝の情報番組「グッデイCBC」のメインMCを担当。

以降は、情報番組を中心に担当しています。

2014年4月の中部日本放送分社化後は。CBCテレビへ自動転籍。

テレビ番組だけでなく、 CBCラジオの番組番組も担当し、

2003年度の第29回ラジオ「フリートーク部門」で最優秀賞

2005年度の第31回テレビ「フリートーク部門」で優秀賞

を受賞。

2013年4月から、平日午後のワイドショー・情報番組「ゴゴスマ -GO GO!Smile!-」のMCを担当。
「ゴゴスマ」は東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)のローカル番組でしたが、2015年3月30日からTBSテレビでの放送が開始され全国ネット番組になりました。

石井亮次がフリーアナウンサーになった理由は?

石井亮次さんは2020年3月31日付でCBCテレビを退社し、翌4月1日からフリーアナウンサーに転身し、ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属に所属。

入社20年目の転身でした。

フリーになった後も名古屋に住み「ゴゴスマ」は出演。

「ゴゴスマ」は20211年3月には平均世帯視聴率が6.9%で2日連続同時間帯トップになっています。

フリーになって「ゴゴスマ」以外に最初に出演した番組は、2020年8月1日放送にのフジテレビ系「サンドと石井と知りすぎた芸人たちの会!」。

石井亮次さんがフリーになった理由・きっかけは、2018年に現在所属している事務所に話を持ちかけられたこと。

そのときは

「全然、考えていません」

と答えたそうです。

その後、妻に相談したところ、

「やりたいなら、やったらいいじゃない」

と背中を押され、言われるまま乗ってみようかと気持ちになったと話しています。

石井亮次の実家はガソリンスタンド?

石井亮次さんの実家はガソリンスタンドを経営しています。

実家のガソリンスタンドで高校、大学の7年間、アルバイトをしていたそうです。

実家のガソリンスタンドで働いた経験は、老若男女のお客さんとしゃべるコミュニケーションの勉強になったと話しています。

ガソリンスタンドを経営していた父親は2015年10月に亡くなったそうで、その後は1歳年上の兄が経営をしているそうです。

石井亮次フリーアナウンサーの嫁や子供

石井亮次さんが結婚したのは2004年。

妻は石井夢さんという女性。

年齢は石井亮次さんの1歳か2歳年下のようです。

結婚した時、石井亮次さんは28歳。

石井亮次さんと妻の夢さんの出会い・馴れ初めはナンパ。

石井亮次さんが27歳の時、妻の夢さんが働いていた三重県の喫茶店に石井亮次さんがたまたまロケで訪れ、夢さんに一目ぼれ。

先輩ディレクターに「5分ください」と頼み込み、連絡先を聞いたそうです。

ロケを終えた後すぐに晩御飯に誘ったんだとか。

夢さんは来てくれたそうですが、用心して友人の女性を連れてきて、3人で食事したそうです。

その後、2人で会うようになり、妻の夢さんは名古屋から三重まで1時間かけてきてくれる熱心さなどから交際を決めたそうです。

出会って1年後の結婚でした。

石井亮次さんの子供は娘が2人。

2020年7月に、

「中1の娘が…」

と話しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする