役所広司の嫁は?子供は息子で俳優!若い頃や経歴・学歴

役所広司さんは長崎県出身の俳優。

役所広司さんは結婚しているようですが、嫁はどんな方なんでしょうか?

子供は息子で俳優をしているようです。

若い頃や経歴・学歴は?

気になったので、役所広司さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

役所広司の経歴・学歴

名前   役所広司
生年月日 1956年1月1日
出身   長崎県諫早市
身長   178cm
所属   ワイ・ケイ事務所

役所広司さんは長崎県諫早市生まれ。

本名は橋本広司。

男だけの5人兄弟の末っ子。

実家はジュース工場を営んでいたそうで、は映画館やお菓子屋で売っていたそうです。

中学は諫早中学校

高校は大村工業高校

中学時代はバスケットボール部に所属。

大村工業高校は長崎県大村市にあり男女共学の県立高校。

現在の偏差値は49。

高校卒業後は東京の千代田区役所に就職。

土木工事課で4年間勤務していました。

役所広司さんは子供の頃からから映画で見ていた東京に憧れがあり、1度は東京に出てみたいとの思いがあったそうです。

千代田区役所に就職したのは東京に出る手段としてで、しばらく東京で働いたら地元の長崎に帰ろうと思っていたといいます。

東京に出てきた当時は、役者になろうとは考えてもいなかったそうです。

千代田区役所に勤めていた時、都合が悪くなった知人の代わりに、仲代達矢さんが出演していた俳優座の舞台「どん底」を見に行き、感銘を受けたことで俳優への道を志しました。

1978年、仲代達矢さんが主催する俳優養成所「無名塾」が塾生を募集していることを知り、演技経験はゼロながら応募。

オーディションで倍率200倍を突破して合格。

受験者数は約800人で合格したのは4人だったといいます。

合格当時、役所広司さんは22歳。

「役所広司」の芸名は区役所に勤めていたことと、「役どころが広くなる」という思いをこめて仲代達矢さんが命名したそうです。

公務員から一転、合宿のような生活。

無名塾は厳しい指導で知られているようですが役所広司さんは、

「毎日が新しいことばかりで、楽しかったですよね。早く仕事をしたい、とか思ってなかったような気がします。」

引用 https://www.yomiuri.co.jp/

と話しています。

無名塾は原則アルバイトは禁止されていますが、地方出身で仕送りもなかったことから相談し、特別に認めてもらい、肉他労働やカレー屋でアルバイトをしたそうです。

入塾当初は大道具も兼任し、地方を回ったといいます。

役所広司 俳優デビュー後

所属する無名塾の舞台に出演しながら、1979年11月公開の映画「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」で映画デビュー。

1980年にはNHKの朝ドラ「なっちゃんの写真館」に香山少尉役で出演しドラマデビューをしました。

1983年のNHK大河ドラマ「徳川家康」の織田信長役で注目を集め、1984年のNHKの時代劇「宮本武蔵」ではの主人公・武蔵役に抜擢されでドラマ初主演。

1987年から放送れたテレビ朝日の時代劇「三匹が斬る!」では1995年までメインキャストを務め、主に時代劇で評価を得ていました。

1988年9月公開の映画「アナザー・ウェイ ―D機関情報―」で映画初主演。

1990年8月公開の主演映画「オーロラの下で」で、第14回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞。

1996年公開の主演映画「Shall we ダンス?」が大ヒット、同年に公開された映画「シャブ極道」、「眠る男」の演技も評価され、

第20回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞

第70回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞

第39回ブルーリボン賞 主演男優賞

など14の賞を受賞。

翌年の1997年公開の映画「失楽園」、「うなぎ」も大ヒットし、「うなぎ」の演技で

第21回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞

などを受賞し、「失楽園」でも

第21回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞

を受賞。

以降、2002年まで7年連続で7年連続で日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞し、日本を代表する映画俳優の地位を確立しました。

役所広司の嫁は?

役所広司さんが結婚したのは1992年。

嫁は女優の河津左衛子さん。

河津左衛子さんは1951年10月生まれで役所広司さんの5歳年上。

役所広司さんと嫁の河津左衛子さんの馴れ初め・出会いは無名塾。

河津左衛子さん「無名塾」が結成された1975年から参加ており先輩だった女性です。

河津左衛子さんは当時、俳優座の中堅女優として活躍していましたが、「無名塾」でも稽古をしていたそうです。

役所広司さんが無名塾に入塾したのは1978年なので、出会って4年で結婚したようです。

結婚した時、役所広司さんは26歳、嫁の河津左衛子さんは30歳ぐらい。

結婚当初は八畳一間家賃3万円のアパートだったそうですが、結婚の1週間後にNHK大河ドラマ「徳川家康」の織田信長役が決まり、その演技力で一躍脚光を浴びました。

1984年には現在役所広司さんが所属する「ワイ・ケイ事務所」を夫婦で設立

河津左衛子さん自身も結婚後も女優として、1998年には映画「西遊記」、1995年頃までは俳優座の舞台にも出演。

1993年~1984年のハウス食品の「ザ・カリー」のCMには夫婦で出演していたようです。

現在では事務所の社長として役所広司さんのプロデュース、事務所の経営に徹しているようです。

事務所の経営は順調のようです。

「凄腕社長であるさえ子さんのおかげで、事務所の経営も好調だ。役所の資産といえば都内の高級住宅地にある3階建ての自宅と渋谷区にある4階建てビル。いずれも事務所名義だ。」

引用 https://jisin.jp/

それらの不動産は推定16億円の価値があるようです。

役所広司の子供は息子で俳優

役所広司さんの子供は息子がひとり。

橋本一郎さんという名前で俳優をしています。

橋本一郎さんは1985年10月17日生まれ。

成城大学法学部法律学科卒業で大学時代は映画研究部に所属。

柔道初段。

俳優デビューは2007年5月公開の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」。

橋本一郎さんは21歳でした。

しかし、この映画では台詞はなく、初めてのの台詞は翌年の2008年8月公開の映画「ひゃくはち」。

父親と同じようにドラマよりも映画に多く出演しています。

2011年に6本、2012年には4本の出演映画が公開されていました。

役所広司さんとは2009年公開の映画「劔岳 点の記」で共演。

橋本一郎さんはオーディションで合格したそうですが、親子共演は製作側が意図したわけではなく、出演者インタビューで橋本一郎さんは監督の木村大作さんに、

「お前のオヤジ(役所広司)のことを知ったのは後だからな」

としつこく言われたと話しています。

役所広司の若い頃

役所広司さんの若い頃の画像。

役所広司さんが20代後半から30代になった頃の画像。

若い頃は実年齢より10歳前後上の役が多かったそうで、

役所広司さんの代表作の1つの映画「失楽園」も出演時、役所広司さんは41歳でしたが役の年齢は50歳でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする