佐藤浩市の嫁は?息子は寛一郎?母親は?父親の三國連太郎との共演は?

Sponsored Links

佐藤浩市さんは東京都出身の俳優。

佐藤浩市さんは結婚しているようですが、嫁はどんな方なんでしょう?

佐藤浩市さんの息子は俳優の寛一郎で共演は?

佐藤浩市さんと父親の三國連太郎さんの共演は?

佐藤浩市さんの母親はどんな方なんでしょう?

気になったので、佐藤浩市さんについて調べてみました。

[ad#ad1]

佐藤浩市 経歴

名前   佐藤浩市
生年月日 1960年12月10日
身長   182cm
出身   東京都新宿区
所属   テアトル・ド・ポッシュ

佐藤浩市さんは東京都新宿区生まれ。

一人っ子。

父親は俳優の三國連太郎さん。

佐藤浩市さんが小学校6年生の時、両親が離婚。
離婚後は母親に引き取られました。

離婚時に三國連太郎さんは小学6年生だった。佐藤浩市さんに、

「ここでお前と別れる。今日から他人になる。一切関係を断つ。これからひとりで一生懸命生きてくれ」

と告げたんだとか。

佐藤浩市さんは、子供の頃から映画館をハシゴするほど映画が好きで、高校卒業後は多摩芸術学園映画コース(現・多摩美術大学)へ進学。

映画撮影の裏方になるつもりだったそうです。

佐藤浩市さんは大学1年生の時、知人にテレビディレクターを紹介され、1980年のNHKドラマ「続・続事件」のオーディションを何の気なしに受けたところ、見事に合格し、ドラマデビュー。

佐藤浩市さんは犯人役の主演で、全4回の放送でしたが、アルバイト感覚での出演だったんだとか。

翌年の1981年に出演した映画「青春の門」「マノン」の演技で、

第5回日本アカデミー賞 新人俳優賞

第24回ブルーリボン賞 新人賞

を受賞。

後に大学は中退。

佐藤浩市さんは20代の頃は、いつでも辞めてやると思って仕事をしており、二日酔いで現場に行くこともあったそうですが、30代になった頃に、俳優の仕事しかないと考えるようになり、真剣に仕事に取り組むようになったそうです。

1994年、映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の演技で、

第18回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞

を受賞。

2016年には、映画「64-ロクヨン」で2度目の、

第40回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞

を受賞。

佐藤浩市の嫁はどんな人?

佐藤浩市さんは2度結婚しています。

最初の結婚は1986年、佐藤浩市さんが25歳の頃。

結婚相手はモデルの女性だったようです。

この最初の嫁との間に息子が誕生しますが、結婚3年目に離婚。

離婚後は子供は、元嫁が引き取って育てたそうです。

佐藤浩市さんが再婚したのは、1993年、佐藤浩市さんが33歳の頃。

再婚相手は広田亜矢子さん。

広田亜矢子さんは女優の広田レオナのいとこで、舞台女優をしていたそうです。

佐藤浩市の母親はどんな人?

佐藤浩市さんの父親の三國連太郎さんと母親は、佐藤浩市さんが小学校6年生の時に離婚。

三國連太郎さんは生涯で4度の結婚歴があり、佐藤浩市さんの母親は3度目の結婚相手でした。

1952年に結婚し、1972年に離婚しました。

佐藤浩市さんの母親は報道によれば、

「東京・神楽坂の売れっ子芸者だったA子さんと恋に落ち、同棲生活を経て、1957年に結婚。その3年後に生まれたのが佐藤だった。」

引用 https://www.news-postseven.com/

とあり、売れっ子芸者だったようです。

母親は佐藤浩市さんを引き取った後は、小料理屋を経営していたそうです。

佐藤浩市さんが中学生になった頃、母親に縁の夫ができ、居場所なくした佐藤浩市さんは、高校2年生の時に家を出て、喫茶店などであるバイトをしながら、大学進学したそうです。

佐藤浩市と父親の三國連太郎との共演は?

佐藤浩市さんと三國連太郎さんの初共演は、1986年公開の三國連太郎主演映画「人間の約束」

ワンシーンだけの共演でした。

佐藤浩市さんは、三國連太郎さんに俳優をやること伝えたところ、

「そうか」

と言うだけだったそうです。

そんなそっけない態度の三國連太郎さんですが、佐藤浩市さんのデビュー後は、佐藤浩市さんと仕事をする人に、

「よろしく頼む」

と言って回っていたんだそうです。

自身が親になってみれば当然ことだと分かったそうですが、当時の佐藤浩市さんはそれがとても嫌で、何度も、

「やめてくれ」

と頼んだそうですが、三國連太郎さんは、

「親だと仕方ないんだ」

と言って聞いてくれなかったんだとか。

佐藤浩市さんと三國連太郎さんが本格的に共演したのは、1996年4月公開の映画「美味しんぼ」
この映画は、最初に三國連太郎さんに話しがあり、三國連太郎さんが親子共演を提案したと藻言われています。

2人の役は、母親を苦しめた傍若無人な父親・海原雄山に、挑む息子・山岡士郎という役どころでした。

佐藤浩市さんと父親の三國連太郎さんの間には、確執があったと噂されており、制作発表の席では、お互いを「三國さん」「佐藤くん」と他人行儀に呼び合い、さらに、佐藤浩市さんの

「俳優はサービス業」

という発言を受けて、三國連太郎さんが

「サービス業などという考え方は間違っている」

と批判。

会場の雰囲気はピリピリしていたそうです。

しかし、この確執の噂について、佐藤浩市さんは2016年のインタビューで、

「世間では僕と三国の間に”確執があった”などと言いますが、そうではない。僕らはお互いのことを大切に思っていて、親子であることを安売りしたくなかっただけです。今となっては、もっと共演しておけばよかったとも思います。」

と話しています。

佐藤浩市の息子は俳優・寛一郎で共演は?

佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんは2017年20歳の時に俳優デビューしています。

しかし、佐藤浩市さんと家族ぐるみで付き合いのある、明石屋さんまさんによれば、寛一郎さんは小さい頃は俳優になることを拒んでいたそうです。

寛一郎さんは俳優にことを考えたのは、祖父の三國連太郎さんの葬儀に参列した際、映画関係者に声をかけられスカウトされたことがきっかけでした。

寛一郎さんは俳優になる決意をしたのは18歳の時で、高校卒業後はロサンゼルスに短期留学。

映画の公開は2017年の「心が叫びたがってるんだ。」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が先ですが、寛一郎さんが初めて演技をしたのは、2016年に秋に撮影され、2018年7月に公開された「菊とギロチン」が最初だったそうです。

「菊とギロチン」の監督の瀬々敬久さんと佐藤浩市さんは2009年の「感染列島」、2016年の「64ロクヨン」などでタッグを組んでいて、よく知る仲ですが、息子の寛一郎さん出演には一切関わっていないそうです。

報道では、

「浩市さん自身、三國さんに突き放されたからこそ、ここまでこられたということを誰よりもわかっている。だからこそあえて寛一郎さんを突き放すことを選んだ。息子に対して、“自分の力で上ってこい”という気持ちなんです。」

引用 https://www.news-postseven.com/

とされています。

2019年現在、佐藤浩市さんと息子の寛一郎さんの共演の予定はないようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする