吉田鋼太郎の結婚歴は?嫁(妻)との年齢差は?子供は息子?高校や大学は?舞台俳優?

吉田鋼太郎さんは東京都出身の俳優。

人気舞台俳優として50代まで活躍していた、吉田鋼太郎さんが、ドラマ、映画に進出した理由は?

吉田鋼太郎さんは結婚歴が多いようです。

子供は息子との噂が?

吉田鋼太郎さんは2016年に結婚しとようですが、年の差は?

吉田鋼太郎さんの高校や大学は?

気になったので、吉田鋼太郎さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

吉田鋼太郎 経歴

名前   吉田鋼太郎
生年月日 1959年1月14日
身長   174cm
出身   東京都
所属   ホリプロ

吉田鋼太郎さんは東京生まれ。

小学校6年間は大阪で育ち、テレビで放送されていた宝塚が大好きで、テレビにかじりついて見ていたそうですが、大人になって母親に言われるで忘れていたそうです。

吉田鋼太郎さんが高校生の時、劇団雲の橋爪功さん出演のシェイクスピア喜劇「十二夜」を観劇して舞台の面白さに目覚める。

大学進学後、シェイクスピア研究会公演「十二夜」で初舞台を踏みます。

その後、吉田鋼太郎さんは大学を中退し、劇団四季に入団、6カ月間在籍した後、退団。

吉田鋼太郎さんは劇団四季を退団した理由について、

「歌も踊りもできなくて6カ月で辞めたんです。」

引用 http://www.theaterguide.co.jp/

1985年11月、吉田鋼太郎さんが26歳の時、TBS系の田村正和主演ドラマ「子供が見てるでしょ! 」で客役としてドラマ初出演。

2009年6月、吉田鋼太郎さんが50歳の時、映画「守護天使」に麻雀荘「ろん」店長役で出演し映画初出演。

2010年10月、吉田鋼太郎さんが51歳の時、フジテレビ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」に警視庁捜査一課理事官 宇喜田元役で出演し連続ドラマ初出演。

2014年12月、吉田鋼太郎さんが55歳の時、テレビ東京系のドラマ「東京センチメンタル」で連続ドラマ初主演。

吉田鋼太郎の高校や大学は?

吉田鋼太郎さんの高校は、

聖パウロ学園高校

とネットでは言われているようです。

同高校は東京都八王子市にある男女共学の私立高校。

現在の偏差値は50

2002年に男女共学化し、全寮制を廃止されまさいたが、吉田鋼太郎さんが在籍していた時は、男子校で全寮制だったようです。

吉田鋼太郎さんの大学は、

上智大学文学部ドイツ文学科

現在の偏差値は62

吉田鋼太郎さん上智大学に推薦で入学したと話しています。

吉田鋼太郎さんはシェークスピアが好きだったので英文学科に行きたかったそうです。

吉田幸太郎さんはインタビューで、

先生に「英文は無理だから、独文に入って、途中で学科を変わればいいじゃないか」と言われまして。

引用 https://dot.asahi.com/

と話しています。

吉田鋼太郎さんは大学で「シェイクスピア研究会」という英語劇のサークルに入りますが、当初は役者として生きていこうとまでは思っていなかったそうです。

吉田鋼太郎さんはインタビューで、

「そのときはまだ、役者をやろうとは思ってなかったんです。テレビ局に勤めたいとか、マスコミ関係の仕事がしたいとは思っていたんですけど。何しろ頭の悪い学生だったもので、とりあえず大学に行こうと思いまして。」

引用 https://dot.asahi.com/

と話しています。

吉田鋼太郎の結婚歴は?

吉田鋼太郎さんは、2度の結婚歴があるようです。

報道では、「事実婚を含めると3度、2016年の結婚で4度目」とされていることが多いようです。
2016年の吉田鋼太郎さんの結婚は3度目になります。

吉田鋼太郎さんは「バツ3」と書かれることが多いようですが、正確に「バツ2」です。

吉田鋼太郎さんの最初に結婚する予定だった女性は大学時代に知り合った年上の女性と噂されていますが、婚姻届を提出直前に別れてしまったようです。

吉田鋼太郎の嫁との年齢差は?

吉田鋼太郎さん2016年の元旦に結婚。

結婚相手の嫁は一般女性。

嫁の職業は銀座のママと報道されています。

吉田幸太郎さんとの年齢差は22歳年下。

結婚した時、

吉田鋼太郎さんは56歳。

結婚相手の嫁は34歳。

吉田鋼太郎さんは結婚直前の2015年12月にTBS系のトーク番組「A-Studio」に出演した際に、

「銀座のクラブに好みの女性がいる」

と明かしています。

吉田鋼太郎さんは嫁に結婚の挨拶について、

「別にいいわよ、鋼太郎さんのことは分かっているから、そんなあいさつ行かなくてもいい、結婚してからでもいいから」

という言葉を真に受け、結婚の挨拶は結婚後に行ったそうです。

しかし、嫁の親に、

「犬の子をやるんじゃないんだから!」

とすごく怒られてそうです。

ちなみに、嫁の母親は吉田鋼太郎さんの3歳年上であまり年齢差がないそうです。

吉田鋼太郎に子供は息子?

吉田鋼太郎と検索すると「子供」「息子」の関連ワードがでてきます。

吉田鋼太郎さんは2度の離婚をしているので、どちらかの嫁との間に子供がいるのだろうと調べてみると、2人目の嫁との間に息子がいるようです。

その嫁とは息子が2歳の頃に別れてしまったようだと一部の報道にあったようです。

その息子とは現在では、吉田鋼太郎さんの舞台を見に来てくれる間柄なんだとか。

吉田鋼太郎 舞台俳優

吉田鋼太郎さんは50歳を過ぎるまで、ほぼ舞台一筋でドラマや映画などの映像の仕事に出演することありませんでした。

1997年からは劇団AUNも主催しています。

吉田鋼太郎さんはその理由について、2015年に
朝日系トーク番組「徹子の部屋」に出演した際に、

「お声が掛からないということが第1なんですけども」

「20代の前半のころにちょっとした役で出させていただいて…」

と話し始め、初めてテレビドラマにに出演した時、吉田鋼太郎さんはとてもうれしくて、友人や親戚など周囲にアピールしたそうです。

しかし、放送を見てみると、映っていたのは吉田鋼太郎さんの後頭部だけだったそうです。

そのことで、吉田鋼太郎さんは、

「みんなに言った手前もありますし、悔しいやら恥ずかしいやらで」

「こういうふうにされるんだったら、テレビはもう出たくない」

「ちょっとヘソを曲げてしまいまして」

と話し、映像関係の仕事をしなくなったようです。

しかし、吉田鋼太郎さんがバラエティ番組に出演した時流された、出演シーンは後頭部だけどころか、顔も演技もはっきりと映し出されており、そのシーンを見た、吉田鋼太郎さんも、

「映ってる!だいぶ、映ってますね!」

と驚きの声をあげており、吉田鋼太郎さんの記憶違いだったことが明らかになっています。

その後、吉田鋼太郎さんは人気舞台俳優となり、劇団や、芸能事務所には、現在のホリプロに入るまでどこにも所属せずフリーでやっていたことから、収入もかなりあったと思われます

ホリプロに誘われた時も、「マネージメント料が払うのが嫌で1年間断わっていた」と、TBS系トーク番組「A-Studio」に出演した際に明かしています。

吉田鋼太郎と蜷川幸雄の関係は?

吉田鋼太郎さんは、蜷川幸雄さんの演出する舞台の常連でした。

吉田鋼太郎さんが蜷川幸雄さんの出会ったのは、吉田鋼太郎さんが20代前半。

吉田鋼太郎さんが蜷川幸雄さんの舞台のオーディションを受け不合格になりましたが、次の日に呼ばれ、稽古場に行くと与えられたのは冒頭で踊る100人のオカマのひとり。

厳しいことで有名な蜷川幸雄さん。

「しっかり踊れよ!」

「オカマで踊るんだよ!」

と怒鳴っていたそうです。

吉田鋼太郎さんは怒鳴られているのが、自分だということに気付き、次の日から逃亡してしまったそうです。

この時、吉田鋼太郎さんは蜷川幸雄さんとは一生会うことは無いだろうと思ったそうです。

しかし、20年後の2000年、吉田鋼太郎さんをよく使ってくれていたプロデューサーが、蜷川幸雄さんに推してくれたことで舞台「グリークス」に出演。

その時、吉田鋼太郎さんは41歳でした。

以降、吉田鋼太郎さんは蜷川幸雄さんの舞台に多く出演。

時には、舞台の演出の一部を任されるほどに信頼されていたようです。

蜷川幸雄さんが2016年5月12日に80歳で亡くなった後、同年10月15日から蜷川幸雄さんの後を引き継いで彩の国さいたま芸術劇場が主催する「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の2代目芸術監督に就任しています。

吉田鋼太郎 ドラマ、映画に進出

吉田鋼太郎さんが、ドラマ、映画などの映像に仕事が増えたのは、2010年頃からです。

吉田鋼太郎さんは1985年にドラマの仕事をしてから、2010年までの25年間で、ドラマは3本、映画は1本しか出演していませんでした。

吉田鋼太郎さんがドラマ、映画に進出しるきっかけになったのは、小栗旬さん。

蜷川幸雄さん演出の舞台で吉田鋼太郎さんと小栗旬さんは出会い、小栗旬さん自身が監督をする映画「シュアリー・サムデイ」の出演をオファーされますが、吉田鋼太郎さんは舞台で大声を出して演技することが体に染み付いていたことから、カメラの前で繊細な演技をすることに不安を感じ、小栗瞬さんのオファーを断っていたそうです。

しかし、小栗旬さんの

「小さい声でいいんです。ぼそぼそしゃべる(演技)ということも、やってみた方がいい」

とのアドバイスで映像の世界に復帰することを決めたそうです。

以降はドラマ、映画のオファーが激増し、2016年には主演を含むドラマ10本、1本に出演しています。

吉田鋼太郎さんはスケジュールが過密になった現在でも舞台出演、自身が主催する劇団AUNの公演も行っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする