生瀬勝久の結婚した嫁(妻)は?子供はいる?高校や大学は?若い頃の画像は?

生瀬勝久の結婚した嫁(妻)は?子供はいる?高校や大学は?若い頃の画像は?

生瀬勝久さんは兵庫県出身の俳優。

生瀬勝久さんは結婚しているようですが、嫁(妻)はモデルとの噂が。

生瀬勝久さんに子供は?

生瀬勝久さんの高校や大学は?

生瀬勝久さんの若い頃の画像も見てみたいです。

気になったので、生瀬勝久さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

生瀬勝久 経歴

名前   生瀬勝久
生年月日 1960年10月13日
身長   178cm
出身   兵庫県西宮市
所属   リコモーション

生瀬勝久さんは兵庫県西宮市生まれ。

母親は元教師で元西宮市議の生瀬悦子さん。

兄弟は2歳年上の兄。

生瀬勝久さんは中学時代は吹奏楽部に所属し生徒会長も務めていたそうです。

1980年、生瀬勝久さんは同志社大学入学後、「喜劇研究会」に所属、その後大学の劇団「第三劇場」に所属。

1982年、京大系の劇団「そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ、翌年の1983年に、同劇団に入団。

生瀬勝久さんの当時の芸名は「槍魔栗 三助」

1986年、生瀬勝久さんが25歳の時、NHKのドラマ「ドラマ人間模様・追う男」に出前持ち役で出演しドラマデビュー。

1988年、生瀬勝久さんが27歳の時、劇団「そとばこまち」の4代目座長に就任。

同年、NHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演したことで本名の「生瀬勝久」に改名。

1996年、生瀬勝久さんが35歳の時、映画「トキワ荘の青春」で映画デビュー。

2001年、生瀬勝久さんが40歳の時、劇団「そとばこまち」を退団。

2010年、生瀬勝久さんが49歳の時、テレビ朝日系のドラマ「トリック」のスピンオフ作品、「警部補 矢部謙三」で連続ドラマ初主演。

2012年、生瀬勝久さんが51歳の時、映画「スープ~生まれ変わりの物語~」で映画初主演。

生瀬勝久の高校は?

生瀬勝久さんの高校は、

宝塚高校

宝塚高校は兵庫県宝塚市に所在する男女共学の県立高校。

現在の偏差値は50。

生瀬勝久さんは高校時代はバレーボール部に所属しながら、2003年に営業を終了した「宝塚ファミリーランド」でアルバイトをしていたそうです。

当時の時給は350円だっただとか。

生瀬勝久の大学は?

生瀬勝久さんの大学は、

同志社大学 社会学部社会学科

現在の偏差値は62

生瀬勝久さんは1年浪人して入学。

浪人時代はお好み焼き屋でアルバイト。

生瀬勝久さんは大学入学後、お笑いのサークル「喜劇研究会」に所属し「槍魔栗 三助」の芸名で落語や漫才をしながら、関西の深夜のバラエティにレギュラー出演した他、朝日放送のバラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」にも、初代探偵局員として約2年間出演していました。

生瀬勝久さんが大学1年の時、先輩に小劇場の演劇を観ることを勧められ、観たところカルチャーショックを受け、劇団に所属したそうです。

その後、演劇にのめり込んだ生瀬勝久さんでしたが、2年留年した後、企業に就職の内定をもらったそうですが、

「1回きりの人生なんやから、本当に好きなことをしたい」

という思いから、俳優の道を選んだそうです。

生瀬勝久の結婚した嫁(妻)は?

生瀬勝久さんは1997年に結婚。

結婚したた嫁(妻)は堀本陽子さん。

嫁(妻)の堀本陽子さんは1972年6月18日生まれ。

生瀬勝久さんの12歳年下。

結婚した時、

生瀬勝久さんは37歳。

堀本陽子さんは25歳。

生瀬勝久さんと嫁(妻)の堀本陽子さんの出会いは、堀本陽子さんが生瀬勝久さんのファンでファンレターを送ったことだそうです。

嫁(妻)の堀本陽子さんは大阪出身。

モデルとして活動しており、光文社の「美ST」などに出演しているようです。

生瀬勝久に子供はいる?

生瀬勝久さんの子供は息子のようです。

生瀬勝久さんは2017年11月の「TVLIFE」のインタビューで

「ウチは子供が男の子なんですよ。まだ小学生ですけど、」

引用 http://www.tvlife.jp/

と話しています。

生瀬勝久さんの子供が2017年に小学生ということは、生瀬勝久さんが40代後半から50代前半の頃の子供のようです。

生瀬勝久の若い頃の画像は?

生瀬勝久さんの若い頃の画像。

生瀬勝久さんが「槍魔栗三助」時代の画像です。

生瀬勝久さんは1988年に朝ドラ「純ちゃんの応援歌」にレギュラー出演したことで本名の「生瀬勝久」に改名しますが、生瀬勝久さんはその後もバラエティ番組など、他の番組では「槍魔栗三助」の芸名も使っていましたが、全国進出を意識し1990年10月、30歳を期に「生瀬勝久」に完全に改名したそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする