上沼恵美子の旦那は?子供は息子で何人?経歴や高校などの学歴

上沼恵美子さんは兵庫県出身のタレント。

経歴や高校などの学歴は?

結婚しているようですが、旦那はどんな人なんでしょうか?

子供は息子で何人?

気になったので、上沼恵美子さんについて調べてみました。

上沼恵美子の高校などの学歴・経歴

名前   上沼恵美子
生年月日 1955年4月13日
出身   兵庫県南あわじ市
身長   164cm
所属   上沼事務所

小学校・南淡町立福良小学校

中学校・南淡町立福良中学校

高校・帝国女子高校大和田校(中退)

大学・進学していません

父親は銀行員。

3人兄弟の末っ子。

兄弟は6歳上の姉と2歳上の兄。

淡路島生まれで中学卒業まで淡路島で育ちました。

子供の頃は歌手志望で、多くののど自慢大会に出場し、「のど自慢荒らし」と呼ばれていました。

フジテレビ系で放送されていた「日清ちびっこのどじまん」に出場し、第16回大会に優勝。

その1つ前に大会の優勝者は天童よしみさんでした。

優勝者を集めた東京でのグランドチャンピオン大会で上沼恵美子さんは天童よしみさんと顔を合わせました。

上沼恵美子さんは天童よしみさんの歌唱力に衝撃を受け、歌手を目指すことを断念し、お笑いの世界に進むこと決めたといいます。

天童よしみさんは高校生でデビューした時に真っ先に手紙をくれたのは上沼恵美子さんだったと話しています。

手紙には「私は歌をあきらめて、姉と漫才でやっていこうと思います。お互い頑張りましょう」と書かれており、グランドチャンピオン大会の時に私と一緒に写った写真が同封されていたそうです。

小学校は南淡町立福良小学校。中学校は南淡町立福良中学校を卒業。

現在は南あわじ市になっています。

高校は帝国女子高校大和田校に進学。

帝国女子高校大和田校は現在の大阪国際大和田高校。

大阪府守口市にある男女共学の私立高校で、現在の偏差値は58~68。

高校時代に芸人デビューし、その後、高校は中退しました。

上沼恵美子 芸人デビューのきっかけ

上沼恵美子さんが芸人デビューしたのは高校1年生の時でした。

姉と漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビューしました。

きっかけは、海原お浜・小浜に入門し、漫才コンビとしてデビューの決まっていた姉の相方が失踪してしまったこと。

そのため、上沼恵美子さんは高校1年生の時に急遽、姉と漫才コンビを組むこととなり「海原千里・万里」としてデビューすることになりました。

1971年、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹・海原千里としてデビュー。

上沼恵美子さんは16歳でした。

同年、上方お笑い大賞銀賞を受賞。

高校生ながら巧みな話術で一躍スターになり、当時人気アイドルで白雪姫と称されていた天地真理に倣い、「漫才界の白雪姫」と呼ばれていました。

1973年にはNHK漫才コンテスト優秀敢闘賞を受賞しました。

上沼恵美子 北島三郎にスカウト

上沼恵美子さんは漫才コンビとしてデビューした後、北島三郎さんにスカウトされた経験があります。

漫才コンビとしてデビューして間もない頃、富山県の学校の講堂で「北島三郎ショー」があり、その前座で漫才をしたそうです。

「ネタでけへんから歌うたってたんです。時間伸ばしてたんですよ」

漫才のネタの中で上沼恵美子さんは歌を歌ったそうです。

すると、終わった後に北島三郎さんに呼び出され、

「漫才の途中で歌っていたのはどっちだ?」

「歌手になれ!東京へおいで、僕の家から学校に行きなさい」

とスカウトされたそうで、その後も北島三郎さんのお兄さんが2回ほど大阪までスカウトに来たそうです。

小さい頃から歌手を目指していた上沼恵美子さんにとっては夢のような話しでしたが、デビューしたばかりで姉を見捨てるわけにもいかず、お断りしたそうです。

上沼恵美子 歌手デビュー~コンビ解散後

姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」は関西で人気を集め、1974年にはフジテレビ系の時代劇「座頭市物語」第十八話「すっとび道中」に湯治場の仲居役で出演。

1976年には東映の大ヒット映画「トラック野郎シリーズ」の第3作「トラック野郎・望郷一番星」にドライブインの女主人役でゲスト出演するなどドラマ、映画にも出演しました。

1973年に「幼なじみでおないどし」で歌手デビューし、1975年にリリースされた「大阪ラプソディー 」は40万枚のヒットになっています。

1977年に上沼恵美子さんが結婚し、コンビを解散し芸能界を引退しました。

しかし、翌年の1978年に「上沼恵美子」名義で芸能界に復帰。

「自分には専業主婦は耐えられなかった」

関西中心に人気となり、1994年と1995年には2年連続で「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を担当しました。

2002年のNHKが実施したタレント好感度ランキングでは、女性部門で久本雅美さん、松嶋菜々子さんに次いで3位。

翌年の2003年度長者番付大阪地区では、芸能人部門で1位になっています。

2007年からは「M-1グランプリ」の初の女性審査員として出演し、2016年からは筆頭審査員として出演しています。

上沼恵美子の旦那は?

上沼恵美子さんが結婚したのは1977年5月。

22歳の時でした。

旦那は関西テレビディレクターだった上沼真平さん。

年齢は8歳年上。

上沼恵美子さんが20歳の時に出演した関西テレビの「日曜ドキドキパンチ」で出会いました。

プロポーズは受けていないといい、

「上沼の墓に連れて行かれた。これがプロポーズだと自分の中で認識しております」

と話しています。

旦那の上沼真平さんは関西テレビ時代は常務取締役制作局長や、メディアプルポの代表取締役会長を務め、2002年から開始した第1回、第2回 R-1ぐらんぷり審査員、2003年に第1回 M-1甲子園審査委員長を務めました。

2008年1月にメディアプルポの会長職から退いたのを機に関西テレビを退職。

退職後はフリーでテレビ制作の仕事はせずリタイア生活を送っているそうです。

2017年頃からは別居が噂され、2021年8月の自身が出演したテレビやラジオの番組で旦那と別居について改めて触れ、

「別居してるんです。4年、3年かな。いい距離でね。離婚も3年前には考えたんです」

「私、いうときますけど離婚はしません」

「体の一部になってますね、主人は。のろけじゃなくて。要するに、時計でいうたら、(別れたら)長い針が1つないみたいになってしまうな。そんな感じがしますね。」

とコメントしています。

上沼恵美子の子供は息子で何人?

上沼恵美子さんの子供は2人。

2人とも息子です。

長男が1978年4月

次男が1983年5月

に生まれました。

長男は上沼恵美子事務所スタッフで、次男は構成作家とし活動してるようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする