木村沙織の旦那は日高裕次郎!結婚 入籍はいつ?引退後の仕事は?

木村沙織さんは2017年3月22日に引退

そういえば、木村沙織さんは引退前に結婚していましたね。

旦那は日高裕次郎さん。

結婚・入籍したのはいつだったんでしょう。

木村沙織さん引退しましたが、引退後の仕事は何かするんでしょうか。

気になったので木村沙織さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

木村沙織 経歴

名前   木村沙織
生年月日 1986年8月19日(30歳)
身長   185cm
体重   68kg
出身   埼玉県八潮市

木村沙織さん埼玉県八潮市生まれ

一時は父親の仕事の都合で大阪に住んでいたことも。

小学校は東京都あきる野市の多西小。

両親がバレーボールの経験があり、その影響で小学校2年生の時に秋川JVCに入団

小学校4年生の頃に「週末に思う存分友達と遊んでみたい」との理由で2週間ほどチームを辞る。

小学校6年生の時に東京新聞杯で優勝

中学校は、成徳学園中学校に進学。

この中学校は2003年に生徒の募集中止し現在はありませんが、当時は名門校だったようです。
鈴木沙織さんは、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝

鈴木沙織さんの入学時の身長は163センチで三年間で15cmも伸び178cmに。

高校は、成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。

高校2年生の時には主力選手となり、2003年春高バレーで優勝

2004年アテネオリンピック最終予選で日本代表に召集。

初戦のイタリア戦で代表初スタメン出場で、大活躍し、「スーパー女子高生」と呼ばれ人気に。

高校卒業後の2005年、東レ・アローズに入団。

2012年7月10日、木村沙織さんが25歳の時、

トルコリーグのワクフバンク・テュルクテレコムへ移籍。

推定年俸は1億円。

2014年6月5日、東レ・アローズへ復帰

2年間のプロ契約を結ぶ

2017年3月22日、に現役引退

木村沙織は天然伝説1

コート内ではスゴイプレーを見せていた、木村沙織さんですが、天然なところもあるようです。
バレーボール世界選手権の直前にテレビ番組に出演した木村沙織さん。

「今一番ほしいものは?」

と聞かれ

「休み?」

世界選手権の直前だったので、番組は「メダル」って言ってほしかったようです。

ロンドンオリンピックの壮行会で木村沙織さんはストレス解消法を聞かれ

「長風呂」

と答え

「どれくらい入りますか?」

と聞かれ

「1ヶ月 あっ間違えた」

長すぎですね。

年に12回しか入れませんね。

バレーボールはタイムアウトになるとベンチにいる選手がプレーしている選手にタオルを渡すそうですが、出場にそなえゴムチューブでウォーミングアップをしていた木村沙織さんは、それをタオルのつもりで選手の肩にかけようとしました。

かける瞬間に気づいてダッシュでタオルを取りに。

監督に言われた思い出の言葉を聞かれ

「う~ん。。。忘れました」

木村沙織は天然伝説2

2004年のオリンピック前に報道陣に

「ワールドカップとオリンピックってどう違うんですか?」

花を手に持って撮影中の木村沙織さん。

花の位置が少し低いと思ったカメラマンが

「もうちょっと花を上げたほうがいいかな?」

と言うと、木村沙織さんは

「鼻?」

顔を動かして鼻を上げようとしました。

アテネオリンピックの抱負を聞かれ

「オリンピックって沙織出られるんですか?」

トルコリーグに移籍した時、スーツケースを持っていきましたが、スーツケースの鍵を日本に忘れてしまい、トルコで包丁で開けたそうです。

食堂で食器を返しに行こうとしていた木村沙織さん。

何も無いところでつまづき転び、食べ残しをこぼしたくなかった木村沙織さんは食器から手を離さず、その反動で食べ残しは全部自分にかかってしまったそうです。

他にも、風呂上りにパンツと間違え、ブラジャーをはこうとしたこともあるんだとか。

木村沙織さんは、「時差ぼけで」と話ていましたが、時差ぼけでも普通はありえませんよね。

木村沙織の妹もバレーボール選手

木村沙織の妹は木村美里さん。

木村美里さんもバレーボール選手で東レ・アローズに所属しています。

身長は161cm

姉の木村沙織さんとの身長差は24cm

ポジションはリベロ

年齢は木村沙織さんの5つ下で現在は25歳。

高校は木村沙織さんと同じ高校で、2年の時にはインターハイで3位になっています。

バレーを始めたきっかけは、姉の木村沙織さんがやっていたからだそうです。

木村沙織の旦那は日高裕次郎!結婚 入籍はいつ?

木村沙織さんは2016年12月31日に日高裕次郎と結婚

日高裕次郎さんは木村沙織さんと同い年。

日高裕次郎さん鹿児島商業高等学校では1年からスタメンでプレーし、第35回春高バレーでは九州を代表するエースとして活躍。

日本体育大学卒業後の2009年、NECブルーロケッツに入団が決まりましたが、入団後すぐチームの無期限休部になってしまい、ビーチバレーに転向。

2014年にはパナソニック・パンサーズでプレーしています。

2015年の5月に現役を引退。

現在はパナソニックの社員をしています。

日高裕次郎さんは現在30代、パナソニック社員の30代の年収は約550万~650万だそうなので、年収は高いですね。

木村沙織の引退後の仕事は?

木村沙織さんは引退後のことについて引退会見で

「少しゆっくりしながら、家族の時間をつくりながら、主婦をしながら、私らしく第二の人生を楽しみたい」

と話しています。

引退後は仕事はせずに、まずは主婦をするようですね。

木村沙織さんほどの選手なら、いつかはコーチなどの仕事の依頼もあるかもしれませんね。

他にも、テレビでの解説の仕事とか。

また木村沙織さんは、海辺でカフェを開いてみたいと友人に話していたことあるんだとか。

旦那の日高裕次郎さんの仕事の状況によるでしょうけど、いつか木村沙織さんのカフェがオープンするかもしれませんね。

木村沙織 最後に

木村沙織さんは30歳というまだ若いとも思える年齢で引退しました。

引退の理由として、木村沙織さんは引退会見で

「試合に負けて『くそ~』って感じが薄れてきたかなっていうのがあった。アスリートであるからには勝負にこだわらないといけない。気持ちの部分でちょっと薄れてきた」

と語りました。

木村沙織さんはリオオリンピックの出場をかけた、ワールドカップの時、ベンチのの時間が増え、苦しんでいたそうです。

妹の木村美里さんはそんな姿を見て

「しんどそうでした」

と話しています。

木村沙織さんににとって、4度目のオリンピックが終わって何かが変わったのでしょうか。

これからは主婦として人生を楽しんでほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする