八千草薫(2018)現在の年齢は87歳!略奪婚したり性格悪いって本当?子供は?

Sponsored Links

八千草薫さんの現在の年齢は87歳

超ベテラン女優ですね。

八千草薫さんは雰囲気も喋り方も柔らかいイメージで、日本の優しいおばあさんって感じですね。

そんな八千草薫さんはですが、過去には略奪婚をしたり、性格が悪いとかキツイなんて噂も。

気になったので、八千草薫さんについて調べてみました。

[ad#ad1]

八千草薫 プロフィール

名前   八千草薫(やちぐさ かおる)
本名   谷口瞳(たにぐち ひとみ)
旧姓   松田瞳(まつだ ひとみ)
生年月日 1931年1月6日
身長   154cm
出身   大阪府
所属   柊企画

八千草薫さんは大阪生まれ。

父親は幼い頃に亡くし、母親がひとりで八千草薫さんを育てました。

八千草薫さんが8歳の1939年、第二次世界大戦に突入。

八千草薫さんの家も思春期の頃、空襲で焼けてしまったそうです。

おそらくは、1945年3月からの大阪大空襲でしょう。

戦争を体験した、八千草薫さんは華やかな世界に憧れます。

八千草薫さんはプール女学院に入学。

プール女学院は1879年に設立された歴史ある、ミッションスクールです。

八千草薫さんはプール女学院在学中に、宝塚音楽学校に合格

1947年、八千草薫さんが16歳の時、宝塚歌劇団入団します。

宝塚入団時の成績は50人中19位だったそうですが、初演で可憐な演技を披露し、人気を獲得し、清純派の娘役として宝塚の一時代を築きます。

その人気から、宝塚在団中から映画にも出演し、当時のお嫁さんにした有名人に何度も選ばれたそうです。

1957年5月31日、八千草薫さんが26歳の時、宝塚歌劇団を退団。

退団後は、映画だけでなくドラマにも進出。

八千草薫が略奪婚した?

八千草薫さんは、1957年に映画監督の谷口千吉
さんと結婚。

谷口千吉さんは1912年2月19日生まれ。

結婚した時、八千草薫さんは26歳、谷口千吉
さんは45歳。

年の差は19歳。

現在でも大きな年の差婚ですが、現在よりも結婚の年齢が早かった時代で、また、谷口千吉さんが3度目の結婚とのこともあり、大変大きな話題なったそうです。

この結婚が略奪婚と噂されています。

谷口千吉さんは女優の若山セツ子さんと結婚していましたが、1956年に離婚しています。

離婚させたのが、八千草薫さんだと言われています。

谷口千吉さんが離婚して、再婚するまでの期間が短いのが大きな理由のようです。

八千草薫さんが当時妻だった、若山セツ子さんに何度も電話をした、などの噂もありましたが、何の証拠もないようです。

元妻の若山セツ子さんが話したとういことでもなく、噂だけのようです。

当時、八千草薫さんはお嫁さんにしたい有名人で1位、谷口千吉さんとの年の差、再婚の早さなどが重なり噂がたったのかもしれませんね。

八千草薫の性格が悪い?てキツイ?

八千草薫さんは性格が悪くてキツイとの噂です。

八千草薫さんは見た目が優しそうで、おっとりしてるのに、本当だったら意外ですね。

八千草薫さんに過去を調べてみると、強気な性格であったり、天然なところがあるような気がしてきました。

例えば、宝塚歌劇団に入団した戦後間もない頃の東京公演で「お寿司が食べたいわぁ」と発言し、当時は食糧事情も良くなかったことから顰蹙を買ったそうです。

これを、「八千草薫は性格が悪い」と捉えられることもあるようです。

これは天然ような気がしますね。

「せっかく東京に来たし江戸前寿司を食べたい」みたいな意味でいっただけじゃないでしょうか。

強気な性格としては、八千草薫さんが1975年に放送された人気ドラマ「赤い疑惑」に出演していた時、主演の山口百恵さんのスケジュールがが詰まっていて、断片的に細かくしか撮影で出来なかったことに納得できず、八千草薫さんは6話で降板してしまいました。

「赤い疑惑」は全29話ですから、最初の頃に降板したようです。

ただこれは、山口百恵さんのスケジュールがなく、山口さんの背中だけのシーンで代役を相手に演技させられたことなどに、八千草薫さんが納得できなかったとの話です。

これは強気な性格のとも言えますね。

でも、女優として演技に集中できないと、妥協しない性格ともいえますね。

それに元々、八千草薫さんは細かい撮影が好きではないようです。

インタビューで八千草薫さんは

若いころは映画があまり好きじゃなかったのです。宝塚で舞台をやっていましたから、舞台だと気持ちが最後までつながっていくのですが、昔の映画の撮り方は細かくて、ちょっとしたアップの場面でもフィルムがもったいないのでNGは出せなくて、とても窮屈に思っていました。

引用 http://nichigopress.jp

と話しています

赤いシリーズのドラマは、他にも降板している俳優が2人いるので、相当な過密スケジュールだったのかもしれません。

噂では、旦那の元妻の若山セツ子さんが 1985年に55歳の若さでなくなった際、八千草薫さんが

「身から出た錆ね」

と発言したとの噂でしたが、実際の出所が分からず信憑性にかけるところがあります。

本当に言ったとしたら性格が悪いと言われてもしかたありませんが、誰が証言したかすら分からないのでは信用はできませんね。

八千草薫に子供は?

八千草薫さんと谷口千吉さんの間に子供はいないようです。

夫婦仲は円満で、谷口千吉さんは68歳という年齢で運転免許を取得し85歳まで、八千草薫さんの送り迎えいていたそうです。

2007年、結婚50年目の年に95歳で、谷口千吉さんが亡くなりますが、すっと夫婦仲は変わらなかったそうです。

八千草薫 最後に

八千草薫さんは80代半ばを過ぎた現在でも、毎年複数のドラマに出演しています。

昔は旦那さんの趣味だった、山登りをしていて現在はさすがに山登りはしなくなったそうですが、山歩きはしているそうです。

山歩きのおかげかは分かりませんが、八千草薫さんは今でも背筋がピンとしていますね。

八千草さんは仕事を続けるか、辞めるかは特に考えていなく、自然にまかせているそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする