御嶽海の母親はスナック経営のフィリピン人でハーフ?父親は?大学は?

御嶽海はスピード出世で横綱になることを期待されている力士ですね。

御嶽海の母親はフィリピン人なんだそうです。
父親などんな人なんでしょうか

気のなったので、御嶽海について調べてみました。

スポンサーリンク

御嶽海 プロフィール

四股名  御嶽海久司(みたけうみ ひさし)
本名   大道久司(おおみち ひさし)
生年月日 1992年12月25日(24歳)
出身   長野県木曽郡上松町
身長   178cm
体重   153kg
学歴   東洋大学法学部企業法学科
所属   出羽海部屋

御嶽海が初めて相撲したのは、小学校1年生の時、地元で行われた相撲大会。

御嶽海はこの相撲大会で、自分より体の小さい相手に敗北。

負けず嫌いの御嶽海は、これがきっかけで地元の木曽少年相撲クラブに入り、相撲を始めました。

御嶽海は稽古を積み、小学校5年生の時には、全日本小学生相撲優勝大会で2位になるほど力をつけます。

木曽町立福島中学校時代は、3年で全国大会ベスト8、木曽青峰高時代は国体少年の部で3位。
東洋大学進学後は、個人タイトル15冠。4年時の11月に学生横綱、12月にアマチュア横綱となり、幕下10枚目格付出の資格を得まえいた。

御嶽海は相撲部屋に見学に行って、厳しいこと知っていたため、大相撲入りは希望しておらず、和歌山時県庁に就職が内定していました。

和歌山時県庁はアマチュア相撲の強豪で、大相撲ではなく、アマチュアとして相撲を続けていくつつもりでした。

しかし、出羽海親方に「部屋を再興したいので、力を貸して欲しい」ほしいと説得され出羽海部屋に入門。

入門後は、初土俵から2場所で十両昇進。

3場所目の2015年の7月場所で十両優勝。

2016年の11月場所で小結に昇進

異例のスピード出世で将来の横綱の候補と期待されています。

御嶽海の母親はスナック経営のフィリピン人でハーフ?

御嶽海の母親はフィリピン人、名前はマルガリータさん

年齢は現在45歳。

父親は日本人で御嶽海は日本人とフィリピン人のハーフなんですね。

でも、御嶽海の見た目は、ハーフって感じはしませんね。

言われければ分からないかも。

スナックを経営しているという噂でしたが、ママを任されているようです。

上松町の隣の木曽町にあるそうで、スナックと言っても大きい店舗で、50人は入れる店だそう。

力士でハーフって他にいるかなと思ってちょっと調べてみたら、髙安という力士も、母親がフィリピン人のようです。

意外といるものですね。

御嶽海の父親はどんな人

御嶽海に父親は大道春男さん。

年齢は66歳。

建設会社を経営しているそうです。

大道春男さんは力士の父親らしく体格がいい方ですね。

母親のマルガリータさんは45歳ですから、年齢差はは21歳。

年の差婚ですね。

出会いは名古屋で大恋愛の末に結婚。

結婚後、マルガリータさんは大道春男さんの地元長野に移り住んだようです。

御嶽海 まとめ

稀勢の里が19年ぶりに、日本人横綱になりました。

しかし、19年ぶりだったんですね。

御嶽海はまだ若いし、横綱なること本当に期待できますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする