山本圭は俳優3兄弟!嫁はプロ囲碁棋士の小川誠子!2人の出会いは?

山本圭は俳優3兄弟!嫁はプロ囲碁棋士の小川誠子!2人の出会いは?


ベテラン俳優の山本圭

山本圭さんの兄弟はみんな俳優なんだそう。

そして、山本圭さんの嫁は囲碁棋士の小川誠子何だそうです。

俳優と囲碁棋士の出会いってどんな出会いだったんでしょう

気になったので、山本圭さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

山本圭 プロフィール

名前   山本圭
生年月日 1940年7月1日(76歳)
身長   167cm
出身   大阪府大阪市
学歴   成蹊大学中退
所属   有限会社活動屋所属

山本圭さんの父親は建築家の山本勝巳。

父方の叔父は映画監督の山本薩夫。

山本圭さんは成蹊大学在学中の1959年19歳の時、俳優座養成所に12期生として入所。

俳優座は田中邦衛さんなども所属していた有名劇団ですね。

入所後、大学は中退。

俳優座には兄で俳優の山本學さんも7期生として入所しています。

山本圭さんは1963年に正式に入団。

正式入団の前の1962年、21歳の時、叔父で映画監督の山本薩夫さんの監督作品「乳房を抱く娘たち」で映画デビュー。

同年、ドラマ「若もの 努の場合」でドラマデビュー。

1966年、「若者たち」で三男・佐藤三郎役で、毎日映画コンクール助演男優賞を受賞。

山本圭さんはこの役で知名度大きく上げます。
山本圭さんはこの時、25歳。

「若者たち」は両親を亡くした5人兄弟が、友情・恋愛・確執などを繰り返しながらも逞しく歩き続けて行く青春ドラマで、第3回ギャラクシー賞 テレビ・フィクション部門受賞しています。

長男は田中邦衛さん、次男は橋本功さんと現在でも有名な俳優が出演していました。

このドラマは「若者たち2014」として、2014年に夫木聡さん主演で制作されています。

山本圭さんはこの作品以降、映画、ドラマで活躍。

渋い声を生かし、映画、ドラマの吹替えやナレーションもしています。

山本圭は俳優3兄弟

山本圭さんは次男での3つ上の兄は山本學さん、3つ下の弟は山本亘さんで共に俳優をしています。

兄の山本學さんは12期生の山本圭さんより先に、7期生として、俳優座養成所に入所。

山本圭さんと同じで入所後、大学は中退しています。

山本學さんの代表作の1つは、1978年に放送されたドラマ「白い巨塔」の内科医・里見脩二役

「白い巨塔」は2003年にも制作され、里見脩二役は江口洋介さんが演じました。

弟の山本亘さんも劇団俳優座所属していた俳優で、1971年にテレビ大賞新人賞、1973年には映画制作者協会新人賞を受賞するなど、映画・テレビ・舞台などで活躍。

声優の仕事もしています。

現在は舞台を中心に活動しているようです。

山本圭さん兄弟はみんな俳優として成功していますね。

現在は山本學さんは80歳、山本圭さんは76歳、山本亘さんは74歳。

全員70歳を過ぎても役者としてやっているなんてスゴイですね。

山本圭の嫁はプロ囲碁棋士の小川誠子

山本圭さんの嫁はプロ囲碁棋士の小川誠子さんです。

小川誠子さんは福井県福井市出身、愛知県名古屋市育ち
1951年4月1日生まれの66歳。

日本棋院東京本院で棋士段位は6段。

6歳から囲碁を覚え、14歳で全日本女流アマチュア囲碁選手権大会に優勝。
髪型がおかっぱだったことから、「おかっぱ本因坊」として話題になったそうです。

1970年、18歳の時プロ囲碁棋士となり、1979年から1987年までに女流本因坊戦、女流鶴聖戦など4つのタイトルを獲得。

2008年には500勝達成し、この記録は杉内寿子さんに次ぐ女流2人目だそう。

囲碁の世界では大変人気で有名な方のようです。

2010年から2012年まで日本棋院の棋士会会長も務め、現在は日本棋院理事を務めています。

山本圭と小川誠子の出会いは?

俳優と囲碁棋士の出会いって気になりますね。
山本圭さんと小川誠子さんの出会いは、いろんな世界から囲碁が好きな方が集まる、囲碁の対戦会がありそこでの出会いのようです。

山本圭さんも囲碁が趣味でその腕前は2段だそうです。

山本圭さんと小川誠子さんの間には娘が1人いるそうです。

小川誠子さんは、囲碁棋士のため対局があると家をにあけることも多く、その時は山本圭さんが娘の食事作っていたそうです。

その娘さんも、2017年3月に結婚したそうです。

山本圭 まとめ

山本圭さんの父親で建築家の山本勝巳さんは3人の内1人は建築家にしたかったそうです。

長男の山本學さんは早々と俳優になり、次男の山本圭さん俳優か画家になると宣言し、三男の山本亘さんは一時期は建築の勉強をしていたことがあったそうですが結局は俳優になりました。

三男の山本亘さんは日刊ゲンダイのインタビューで

ボクに白羽の矢が立ったんです。実際、高校演劇に熱中してる最中に腰を痛め、俳優は無理かなと思って、建築の勉強をした時期もあります。でも、腰が治るとともに芝居心に再び火がともり、建築への興味をなくしました

と語っています。

父親は少しがっかりしたかもしれませんね。

でも、3人とも俳優で活躍して嬉しかったでしょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする