高橋メアリージュンの病気は潰瘍性大腸炎!カルテットの演技が話題に!

高橋メアリージュンの病気は潰瘍性大腸炎!カルテットの演技が話題に!

高橋メアリージュンはモデルですが、女優としても活躍していますね。

映画 [るろうに剣心」駒形由美役で妖艶な演技もぴったりでしたね。

最近ではドラマ カルテットの演技も話題になりました。

そんな、高橋メアリージュンさんは、潰瘍性大腸炎という難病になったこと公表しました。

現在は、病状はどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

高橋メアリージュンの病気は潰瘍性大腸炎

高橋メアリージュンさんはに2013年潰瘍性大腸炎であることを公表しました。

この病気が原因で死ぬことがあるような病気ではないそうですが、かなりの苦痛と生活に支障がする病気のようです。

潰瘍性大腸炎は未だ原因不明で100%の完治は難しいようです。

現在は薬の進化によってかなりの症状の緩和も期待出来るようです。

症状は人によって差がありますが、特徴的な症状は下痢、出血を伴う下痢、腹痛、倦怠感、発熱、貧血などがあります

腹痛にによる痛みは、差し込む痛みや重苦しく鈍い痛みの場合があり、程度は軽いものから酷くなると、のたうち回るほどの激痛まであるようです。

下痢によるトイレに行く回数は1日に数十回になることもあるようです。

潰瘍性大腸炎になっても、痛みが場合、あるそうで、ただの下痢と判断してしまって病院にいかずに、発見が遅れこともあるそうです。

20代と若いうちに発症する人が多く、日本でも16万人以上の人が発症しているそうです。

症状はかなり辛いですね。

1日トイレ数十回は、生活に大きな支障が出ますね。

安倍総理もこの病気にかかったことで、有名ですね。

最初に総理になったときは、この病気で総理を辞めたと言われています。

当時は批判されましたが、この症状では総理大臣の職務は大変だったでしょうね。

安倍総理も新薬によって症状が緩和されたと言っていましたが、高橋メアリージュンも現在は症状は緩和しているそうです。

カルテットの演技が話題に!

高橋メアリージュンさんは、ドラマ カルテットで高橋一生さんの元妻、茶馬子役が好評でした。

高橋一生が演じる家森諭高は、勝手にから揚げにレモンをかけること理屈っぽく否定するなど、神経質なヴィオラ奏者。

その元妻とは思えないほど、豪快な女性で関西弁でまくし立て、元旦那の家森諭高を圧倒していました。

高橋メアリージュンさんの茶馬子役は、ネットでもかなり話題になっていました。

高橋メアリージュンさんの茶馬子役の対すネットの声

高橋メアリージュンさんは滋賀県出身なんですね。

関西弁が自然なのは当然でした。

高橋メアリージュン プロフィール

名前   高橋メアリージュン
生年月日 1987年11月8日(29歳)
身長   169 cm
出身   滋賀県大津市
所属    エイジアプロモーション

日本人の父とスペイン系フィリピン人の母のもとに生まれる

2003年の8月 「横浜・湘南オーディション2003」でグランプリを獲得

2004年の4月 「CanCam」の専属モデル

2012年 連続テレビ小説 純と愛でドラマデビュー

高橋メアリージュン まとめ

潰瘍性大腸炎の症状が緩和しているようで、良かったですね。

高橋メアリージュンさんは、家族思いで多くの仕送りをしてるそうです。

女優としてこれからも、いい演技をみせてもらいたいですね。

最後まで読んでいただき。ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする