みやぞんは韓国人だった!本人も驚きの発覚!隠し子だった!

イッテqに出演し天然キャラと身体能力を見せてブレイク中の
ANZEN漫才のみやぞん

見た目からか実は韓国人なんじゃないかと噂されています。

噂どころか、実は2015年にすでにカミングアウトしています。

さらに、その経緯がみやぞん本人も驚きの発覚でした。

他かにも、別な番組で複雑な家庭事情を告白しています。

スポンサーリンク

みやぞんは韓国人だった!

みやぞんが韓国人だったとカミングアウトしたのは

2015年4月放送の「有田チルドレン」

その経緯はみやぞんが免許を取りに鮫洲の試験場に行った時のことです。

友人達と一緒に行ってたんですが、書類を提出すると

係員の人に

「君だけ書類が足りないよ」

と言われ

「みんなでそろえたんだけど。。」

と言うと

「いや、君だけ書類が足りない」

「何がたりないんですか?」

「外国人登録証明書」

と言われて、自分が韓国人であることが分かったそうです。

これは、保育園時代からの幼馴染み同士の相方のあらぽんも知らなかったようで

「そういえば、相方の弁当いつもチャンジャが入ってたんですよ」

って言ってました。

これはびっくりしますね(笑)

みやぞんは当時高校生だったそうなのでパスポートも持ってなかったんですね

両親も言ってあげないと。。。汗

普通に生活していると分からないもんなんですね。

きっと家に帰って聞いたんでしょね。

「僕、韓国人なの?」って

でも、みやぞんなら「ああ、韓国人だったんだ」て簡単に受け入れそう

みやぞんは隠し子だった

みやぞんていろいろカミングアウトしてるんですが

2016年4月放送本能Zで自分が隠し子だったことを告白しています。

そもそも、みやぞんの家庭は複雑なんです。

みやぞんは五人兄弟の末っ子なんですが、父親が3人いるそうです。

長女・次女 1人目の父
三女・四女 2人目の父
みやぞん  3人目の父

子供の頃から、よく自宅に遊びに来るプラスチック工場の社長さんが

小学校の頃「お兄ちゃんと呼びなさい」と言うのでお兄ちゃんと呼んでいたそうです。

中学校の終わり頃に今度は「お父さんと呼びなさい」と言われて

その時は意味が分からなかったそうですが、後になって父親だと知ったそうです。

他にもエピソードがあって

父親が判明する前にみやぞんがボクシングジムに通い始め

ジムの仲間と試合することになり、試合を見てほしくて

お兄ちゃんを呼んで試合をしました。

試合はみやぞんの圧勝、相手をボコボコにしたそうです。

試合後お兄ちゃんと話したら「やりすぎだ」と言われ

後で聞いたら相手は腹違いの兄弟だったそうです。

お兄ちゃんの実の息子だったわけですね。

いやぁ、こんなことってあるんですね。

この話を聞くと、父親が韓国人かと思っていましたが

母親がが韓国人なんでしょうね。

みやぞん プロフィール

名前   みやぞん
生年月日 1985年4月25日(31歳)
身長   172㎝
出身   東京都足立区
所属   浅井企画

趣味は野球、格闘技

子供の頃は野球を、中学生の頃はテニスをやっていた。

ギターやピアノも、当時からコードや音楽理論など知らずに

耳コピーだけでその音楽の再現が出来たそう。

みやぞん まとめ

みやぞんは本物の天然ですね。

免許を取るまで韓国人だったことに、気づかないとかスゴイです。

天然キャラは結構いますが、話がかみ合わないとか面白すぎます。

ANZEN漫才はどぶろっくの弟子なんだそうです。

最近は珍しいですよね、弟子って。

芸暦はまだ8年目で、今の芸人では早めに名が売れましたね。

天然だけではなく身体能力もスゴイので仕事の幅も広そうですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする