ずん飯尾和樹の嫁や子供、相方についてや高校などの学歴や経歴

飯尾和樹さんはお笑いコンビ「ずん」のボケ担当。

ずんの飯尾和樹さんは結婚しているようですが、嫁や子供は?

高校などの学歴や経歴は?

気になったので、ずんの飯尾和樹さんについて調べて見ました。

スポンサーリンク

ずん・飯尾和樹の経歴や高校などの学歴

名前   飯尾和樹
生年月日 1968年12月22日
身長   172cm
出身   東京都世田谷区
所属   浅井企画

飯尾和樹さんは東京都世田谷区生まれ。

両親は滋賀県出身。

父親も母親も公務員で目黒区役所に勤務。

3人兄弟の長男で、兄弟は3歳下の妹と6歳下の弟。

子供の頃はプロ野球選手に憧れ、小学3年生から少年野球チームに所属。

ヤクルトスワローズに入団するのが夢だったといいます。

お笑いも好きだったそうで、小学校でのお別れ会で「ロン麻雀殺人事件」というコントを友達を作ったそうです。

しかし、校長先生に呼び出され、「人を殺したら良くないよ」と注意されたんだとか。

中学は世田谷区立三宿中学校

中学時代も野球をやっていたそうですが、自分の野球の実力の限界を感じ、中学の時に野球は辞めたそうです。

高校は東京学園高校

東京学園高校は東京都目黒区にある私立の男子校でしたが2018年に閉校になっています。

偏差値は42ぐらいだったようです。

高校時代はバレーボール部に所属。

高校の時は、定時で帰っくる両親を見て、公務員になりたいと思っていたそうです。

しかし、推薦で大学にいけるという話しになった時、急に、

「やっぱりお笑いをやりたいな」

と思い大学進学を断念しますが、お笑い芸人になる方法が分からず、高校卒業後は小さい劇団に入団したそうです。

劇団では踊りの稽古をするのが嫌で、3ヶ月で退団。

飯尾和樹 相方やすと「ずん」結成

劇団退団後はフリーター生活を送り、ある先輩が浅井企画の住所を教えてくれて飛び込みで、

「何かやらしてください!」

と電話し事務所に入ったといいます。

浅井企画に所属したは1990年の21歳の頃。

浅井企画に入れたのは飯尾和樹さんいわく、

「返事がよかったから」

当時の常務が元高校球児で、飯尾和樹さんも体育会系のバレー部出身。

なんでも「はい!」と返事をするのがクセだったそうで、当時の常務から「お前、返事がいいな~」と言われ入れたんだといいます。

1991年に小学校の幼馴染みと「チャマーず」を結成しますが、翌年に解散。

1992年には現在は放送作家・脚本家の村山ひとしさんと「La.おかき」を結成。

当時はツッコミを担当していたそうです。

「La.おかき」時代は芸人の仕事だけで食べられたそうです。

しかし、結成5年目の1997年に解散。

解散の相方だった村山ひとしさんからの申し出で、

「僕はもう夢がない、お笑いの夢がない。ほかに好きなことが見つかったんで」

と言われたそうです。

解散後はしばらく1人で活動していたそうですが売れず、バイト生活。

2000年に現在の相方のやすさんと「ずん」を結成。

当時、飯尾和樹さんは32歳、相方のやすさんは31歳。

コンビ名の「ずん」は、語感の響きが良かったのと「ずんと心に残る様な感じ」という意味合いをこめて命名したといいます。

相方のやすさんは1992年から「ヘーシンク」というコンビを結成していましたが、相方が家業を継ぐことになり解散し、ひとりになったタイミングだったそうです。

相方のやすさんは学生時代に柔道の九州大会で優勝。

国際武道大学に柔道推薦で入学し中退後に浅井企画に入ったようです。

年齢は飯尾和樹さんの1歳年下。

飯尾和樹さんは「ずん」結成について、

「浅井企画の最後の在庫品で組むかってことになった」

「リンスとリンスの組み合わせでした。なかなか泡立たなかったな(笑)。シャンプーとリンスなら売れたのに、ドラッグストアの在庫処分みたいな(笑)」

引用 https://bunshun.jp/

相方のやすさんはかなりの地味で、その年の 浅井企画主宰の「カンコンキンシアター」のサブタイトルは「飯尾より地味なヤツ入りました」にされたといいいます。

「ずん」結成後、事務所の先輩のお陰で「笑っていいとも!」のレギュラーになり、芸人だけで生活が出来たといいます。

しかし、40歳の時に家賃が払えなくなっっていまったそうです。

その時は、以前に飯尾和樹さんの家に居候していた元芸人で、清掃会社を立ち上げた後輩に連絡し清掃のバイトをしたそうです。

バイトを始めて3カ月ぐらいした頃に、また仕事が入るようになり、以降はバイトせずに食べていけるようになったと話しています。

飯尾和樹の結婚 嫁や子供は?

ずん・飯尾和樹さんが結婚したのは2013年頃。

飯尾和樹さんが44歳の頃でした。

嫁は林宏美さんというエステティシャン。

林宏美さんは「カンコンキンシアター」の劇団員だったようです。

嫁の正確な年齢は不明ですが、10歳以上年下だと言われているようです。

11年間交際し、1度プロポーズをしますが、11年付き合ったのに、結婚のタイミングが合わなすぎることを理由に断られたそうです。

飯尾和樹さんはあまりのショックで、その後の記憶はほとんどなかったといます。

破局後、2012年12月6日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」でサプライズで林宏美さんが登場。

飯尾和樹さんは、

「そちらにいま、素敵な方、心に思う方がいませんでしたら、結婚してください」

と再度プロポーズ。

すると、林宏美さんはは目に涙を浮かべ、

「お願いします」

と飯尾和樹さんのてを握り電撃結婚になりました。

林宏美さんも破局後に、復縁を望んでいたようです。

飯尾和樹さんに子供がいると情報はありませんでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする