床嶋佳子の結婚した夫やバレエ、豊川悦司との関係や元彼、高校や経歴

床嶋佳子は元バレエダンサー。

床嶋佳子さんは55歳で初めて結婚したようですが、夫はどんな方なんでしょうか?

豊川悦司さんとの関係や元彼は?

気になったので、女優の床嶋佳子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

床嶋佳子の高校などの学歴やバレエ経歴

名前   床嶋佳子
生年月日 1964年9月23日
身長   162cm
出身   福岡県福岡市
所属   ホリプロ

床嶋佳子さんは福岡県福岡市生まれ。

父親は公務員で兄弟は兄がひとりで4人家族。

床嶋佳子さんがクラシックバレエを習い始めたのは小学1年生の6歳の時。

バレエのレッスンには片道1時間かけて、1人で通っていたといいます。

13歳の時にはブルガリアのヴァルナ国際バレエコンクールのジュニアの部に出場しました。

ヴァルナ国際バレエコンクールは国際的なバレエコンクールの中では最も歴史が古く、モスクワ国際バレエコンクール、ジャクソン国際コンクールと共に主要なバレエコンクールの一つに数えられているようです。

以降、公務員の父親は床嶋佳子さんのバレエの費用を工面するため大好きなゴルフを辞め、母親は練習が終わると毎回、駅まで迎えに来てくれたといいます。

中学は福岡市立香椎第二中学校。

高校は精華女子高校。

精華女子高校は福岡県福岡市博多区にある私立の女子高で偏差値は47。

高校時代は同性からモテモテだったようです。

体育祭で学ラン姿に着替え応援したところ、翌日からファンレターを貰ったり、告白されたといいます。

高校卒業後は、大学には進学せず、1983年の19歳の時、松山バレエ団に入団。

翌年の1984年に小川亜矢子バレエスタジオに移籍。

2年後の1986年に第4回全日本バレエ・コンクールのシニア部門に出場し第1位に輝き、文部大臣賞を獲得しました。

床嶋佳子 女優に転身

床嶋佳子さんが女優を始めたのは1988年、日米ソ合作ミュージカル「12ケ月のニーナ 森は生きている」で主役を務めたことをきっかけでした。

本格的に女優として活動を始めたは1991年の27歳の時。

同年7月にフジテレビ系のドラマ「ヴァンサンカン・結婚」に須賀今日子役で出演。

同年に舞台「ゼアミ」「女系家族」にも出演しました。

床嶋佳子の結婚した夫

床嶋佳子さんは結婚したのは2020年9月。

55歳の時でした。

夫は一般男性で医師。

交際期間はたったの8ヶ月でした。

医師の夫の年齢は年上で、再婚だと明かしています。

8年前に妻を病気で亡くされたそうです。

床嶋佳子さんと夫の出会い・馴れ初めは友人の紹介。

独身の床嶋佳子さんを心配した、友人で女優のかとうかずこさんとスポーツジムの仲間からの紹介で出会ったそうです。

出会いは2020年1月、スポーツジムのプールサイド。

夫はロマンスグレーでがっちりとした体形の紳士で、床嶋佳子さんは一目ぼれし、交際が始まったそうです。

床嶋佳子さんは人と暮らした経験もなく、不安もあったそうですが、自分の正直な思いをメールで伝えていくうちに気持ちが整ったと話しています。

当初から夫から「結婚を前提に」と言われおり、2回目のデートで夫からプロポーズをされたそうです。

床嶋佳子と豊川悦司の関係や元彼

27歳で女優デビューし、55歳で初めて結婚した床嶋佳子さんですが、熱愛の噂がなかったのでしょうか。

検索で関連ワードに名前が出てきた男性は豊川悦司さん。

調べてみると、関連ワードに出てきますが床嶋佳子さんと豊川悦司さんには熱愛が噂されたわけではないようです。

床嶋佳子さんと豊川悦司さんは、1999年10月から放送されたフジテレビ系のドラマ「危険な関係」で共演。

床嶋佳子さんは主演の豊川悦司さんの元妻という役でした。

調べてみてもこれだけで、床嶋佳子さんと豊川悦司さんに熱愛の噂があった事実はありませんでした。

元彼については2019年9月に日本テレビ系の「今夜くらべてみました 2時間SP」に出演した際に、

「20年間付き合った年上の恋人と数年前に別れた」

と明かしています。

元彼との交際は本格的に女優を始めた27歳からだったそうで、相手は18歳年上の45歳。

別れたときは「真っ白になった」「寂しくて、寂しくて…」と当時の心境を話しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする