林修の嫁はどんな人?子供は何人いる?年収は?経歴や学歴は?

林修さんは愛知県出身の予備校講師でタレント。

林修さんは結婚しているようですが、嫁は教え子だった?

子供は何人いるのでしょうか?

年収や経歴、学歴は?

気になったので、林修さんについて調べてみました・

スポンサーリンク

林修の嫁はどんなひと?

林修さんの嫁は林裕子さん。

年齢は林修さんの12歳年下で、職業は産婦人科医。

結婚したのは2000年のようです。

林修さんの嫁が、教え子との噂がありますが、デマのようです。

教え子の噂があるのは、2013年に日本テレビ系の「メレンゲの気持ち」に出演した際に、嫁とどこで知り合ったかを聞かれましたが、

「それはちょっと」

と言葉を濁し、出演者から、

「生徒だな!」

と言われましたが、

「それは違います。夫婦の約束で(なれそめは)公開しないようにしようと」

と否定しました。

このことで、林修さんの嫁が教え子との噂がいまでもあるようです。

この時には自宅は名古屋にあるとし、年200日はホテルに泊まると発言。

「奥さんは寂しいと言いませんか?」

との質問に

「言わないですね。(妻も)忙しいですからね」

と嫁の裕子さんは名古屋にいるようでしたが、現在は嫁の裕子さんは東京の病院に勤務しており、現在の自宅は東京にあるようです。

林修の子供は何人?

林修さんの子供は1人のようです。

2018年にテレビ番組で2歳の息子がいることを明かしています。

子供は、林修さんがテレビで人気が出た後に生まれた子供でのようです。

林修さんが50歳頃、嫁の裕子さんが38歳頃に生まれています。

林修の年収は?

林修さんの年収は2014年の報道では、

「収1億円超」

とされていました。

「人気塾講師としての年収は推定3000万円。そこに加えて昨年8月から芸能事務所に所属し、それまで“文化人枠”だったギャラが倍増したため、年収は軽く1億円を超えそう。」

引用 https://www.news-postseven.com/

2014年当時の林修さんのレギュラー番組は3本でした。

しかし、2020年現在は9本と3倍になっています。

2019年の報道では、、

「ギャラも上がり、年収は2億円をはるかに超えているでしょう」

引用 https://asagei.biz/

とされています。

レギュラー9本の内、林修さんの冠番組は3本。

出演時間が数分と短いコーナーレギュラーもあるますが、現在も予備校講師としても活躍しているので、「年収2億円超」は妥当に思えます。

林修 経歴・学歴

名前   林修
生年月日 1965年9月2日
身長   175cm
出身   愛知県名古屋市
所属   ワタナベエンターテインメント

林修さんは愛知県名古屋市生まれ。

父親は酒造メーカー「宝酒造」の元副社長。

祖父は日本画家の林雲鳳さん。

歴史画を得意としていた画家のようです。

林修さんは幼少期から本を読むのが好きで、幼稚園の時には、供百科事典全8巻の内容を全部暗記、小学校時代には日本史の勉強に熱中し、毎日図書館で歴史書などをノートに書き写していたそうです。

中学時代に1000冊近い本と日本文学全集を読破したといいます。

中学は東海中学校

高校は東海高校

大学は東京大学法学部第2類

を卒業しています。

東海中学校は愛知県名古屋市にある東海エリア屈指の超エリート私立男子校。

偏差値は67

中学時代から本を読みながら菓子パンを食べる生活で、高校の時には体重が100キロあったそうです。

林修さんは内部進学していると思われますが、東海高校の偏差値は73

愛知県ナンバーワンの進学校です。

東海高校時代はラグビー部に所属。

林修さんは足が遅く、ボールのキャッチングがに苦手で、チームの戦力にはならなかったといいます。

運動は苦手でも勉強は得意で、高校時代に全国模試で1位になったこともあるそうです。

東京大学法学部に現役で合格しますが、絶対合格している自信があったので合格発表は見にいかなかったんだとか。

大学入学後も体重は100キロあった林修さん。

合コンで女性が「デブ」と陰口を言っているの聞いてしまい、ダイエットを開始。

食事は1日1食、夜は走るというダイエットで、3ヶ月で100キロから70キロになり30キロのダイエットに成功。

しかし、無理なダイエットだったためリバウンドを起こしたそうです。

大学時代のアルバイトは家庭教師。

教え方がすぐに分かったため、多くの生徒の成績向上。

成績最下位だった生徒の成績を2位にまで引き上げたこともあったそうです。

人気家庭教師になり、バブル時代で時給が1万円と高額だったこともあり、月50万も稼いでいたそうです。

林修 予備校講師に

東京大学卒業後は、アナリスト職を希望し日本でトップクラスのシンクタンクを受け、

「アナリストとして採用してほしい」

と面接官に伝えると、

「それはこっちが決める」

と怒られ、日本長期信用銀行にもシンクタンク部門があったことから面接を受けて合格。

長期信用銀行に入行の意思を伝えたあとに、最初に受けたシンクタンクから、

「特別にアナリストとして採用する」

と電話があったそうですが、今更断ると面倒だと思い長期信用銀行に入行。

長期信用銀行に入行後は希望のシンクタンク部門には配属されず、5ヶ月で退社。

退社後、友人と投資顧問会社やIT企業の走りのような会社を起業するも失敗。

株取引でも大損、その他、競馬などのギャンブルなどでも失敗し親族や消費者金融から1800万円の借金をしていたそうです。

借金返済のため塾講師としてアルバイト生活を開始。

その後、指導力を買われ、予備校講師になりました。

林修さんといえば「現代文」ですが、最初は英語での採用だったそうで、その後、受験生時代に得意科目だった数学講師になり、後に現代文に転身しました。

当初は借金返済のため、いくつかの予備校をかけもちで働いていたそうです。

2009年に東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師に昇格。

同年、東進ハイスクールのCMで

「いつやるか? 今でしょ!」

が話題となり、

「2013年度新語・流行語大賞年間大賞」

を受賞。

2013年からワタナベエンターテインメントに所属しタレントとしても活動。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする