高橋英樹の嫁は美恵子?子供は娘だけ?事務所を移籍?若い頃は?

高橋英樹さんは千葉県出身の俳優。

高橋英樹さんの嫁はどんな人なんでしょう?

子供は娘だけ?

高橋英樹さんが事務所を移籍?

高橋英樹さんの自宅がすごい?

高橋英樹さんの若い頃の画像は?

気になったので、高橋英樹さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

高橋英樹 経歴

名前   高橋英樹
生年月日 1944年2月10日
身長   181cm
出身   千葉県木更津市

高橋英樹さんは千葉県木更津市生まれ。

父親は高校の校長。

母親も元教師。

兄弟は4人で兄が1人、姉2人で末っ子。

子供の頃は父親の転勤で千葉県内を転々としていたそうです。

父親は厳しく、成績が1番でないと竹刀で殴られたんだとか。

高校は私立市川高校に進学。

市川高校は当時から進学校で、現在の偏差値は75。

千葉県内では2番目の偏差値です。

高校時代は、映画俳優に憧れ、映画部を設立し、親に貰った昼食代をやりくりして映画館で映画を週に9本から10本は見ていたそうです。

高校時代の作文では、

「俳優になりたい」

と書き、それを知った厳格な父親は反対。

父親は悩んだ末に、諦めさせるつもりで、高橋英樹さんにはは内緒で「日活ニューフェース」に応募。

しかし、高橋英樹さんは合格。

1961年、高橋英樹さんは高校在学中の17歳の時に、日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社。

両親はやはり俳優の仕事に大反対で勘当同然で入社したそうです。

同年、映画「高原児」で俳優デビュー。

その後も、いくつかの映画に出演しますが、新人時代の給料は月7000円で家賃が6000円だったため食事も食べられず、お腹が空くと先輩が声をかけてくれるまで撮影所の食堂の前をうろうろしていたんだそうです。

1962年、撮影中の事故で亡くなった、赤木圭一郎さんの代役として、映画「激流に生きる男」に主演。

同年に日本大学芸術学部に入学しますが、翌年に中退しています。

その後、高橋英樹さんは、任侠映画で主演スターとして活躍。

1968年、24歳の時、NHKの大河ドラマ「竜馬がゆく」で武市半平太役を演じ、時代劇初出演。

1971年、高橋英樹さんが26歳の頃に日活が予算のポルノ映画制作に路線変更が決定したことから、高橋英樹さんは日活を離れ、本格的にテレビに活躍の場を移しました。

テレビでは主に時代劇で活躍。

高橋英樹の嫁は?

高橋英樹さんは1974年3月15日に結婚。

結婚相手は美恵子さん。

嫁の美恵子さんは元女優。

1948年4月9日生まれで高橋英樹さんの4歳年下。

結婚した時、

高橋英樹さんは30歳。

嫁の美恵子さんは26歳。

美恵子さんは大阪市出身で、二人姉妹の長女。

実家は「機械金属商」で幼い頃から、家族から自分は家業を継ぐものと決められていたということで、自分もそうなると信じ込んでいたそうです。

神戸女学院大学在学中に、宝塚映画の撮影所を見学中に東宝の関係者にスカウトされ、クイズ番組のアシスタントなどで活躍。

父親からは、

「大学をちゃんと卒業してから、3年間だけ」

と言う条件で女優になることを許されたそうです。

1971年の大学卒業後に上京し、小林亜紀子の芸名で東宝テレビ部に所属。

同年、日本テレビのドラマ「ぼてじゃこ物語」で女優デビュー。

1973年にはTBSの昼ドラ「薩摩おごじょ」ではオーディションにに合格し、主演に抜擢されますが、「薩摩おごじょ」撮影終了と同時に芸能界を引退しています。

高橋英樹さんとは、1971年~1972年に放送されたフジテレビ系の時代劇「おらんだ左近事件帖」で出合いました。

高橋英樹さんは、日活の若手スターとして活躍していた頃から、スターの先輩にならい、高橋英樹さんは下戸のでお酒は飲みませんが、月20日間は銀座のクラブや京都で遊び、後輩たちに奢りまくっていたことから、20代で借金は3500万ほどあったそうです。

当時の3500万円は現在のお金に換算すると1億円前後の計算にまります。

結婚後に、嫁の美恵子さんは高橋英樹さんの借金について知らされますが、美恵子さんや美恵子さんの両親は、

「借金も財産、信用のうち」

と寛大に受け入れたそうです。

結婚後はお金の管理は嫁の美恵子さんにまかせ、高橋英樹さんは夜遊びをやめ、美恵子さんが金利が安い銀行から借り換えするなどして、借金は約2年で完済したそうです。

高橋英樹の子供は娘だけ?

高橋英樹さんの子供は娘のフリーアナウンサー、高橋真麻さんだけです。

高橋真麻さんは1981年10月生まれで、結婚後7年目に生まれました。

長女の高橋真麻さんが生まれるまで、三度の流産があったそうです。

嫁の美恵子さんの体のことも考え、一度は子供を諦めていたと話しています。

高橋英樹が事務所を移籍?

高橋英樹さんは2019年1月31日に、娘の真麻さんと共に、所属していた「アイウエオ企画」を退社し、翌日の2月1日から芸人のサンドイッチマンやカミナリが所属する「グレープカンパニー」に移籍しました。

「アイウエオ企画」は高橋英樹さんが時代劇の仕事をするにあたって、マネジメント会社として設立し、高橋英樹さんの出演番組の企画、制作をも携わり、高橋英樹さんの個人事務所でもありました。

フジテレビ退社後、2013年からは真麻さんも所属。

高橋英樹さんと娘の真麻さんは個人事務所からグレープカンパニーに移籍した理由について、

2019年11月にテレビ朝日系の「アメトーーク!」に出演した際に、

「うちの事務所は奥さんが社長をやってて、真麻がフジテレビ辞めて、そこに入ってきて。で、奥さんが一生懸命やってたんですけど、(高橋英樹と高橋真麻の)2人やってるとやっぱり激務で、しかも45年ぐらい奥さんがずっとやってたんで、もうそろそろ休ませてあげたいなっていうふうに思ってて」

と話しました。

「アイウエオ企画」は高橋英樹さんと真麻さんが移籍しますが、解散するわけではなく存続していくようです。

移籍先にグレープカンパニーを選んだ理由については、高橋真麻さんがフジテレビ系の「バイキング」で、

「毎週レギュラーで会うサンドウィッチマンによくしてもらい、アットホームな印象の事務所だったから」

と話しました。

高橋英樹の若い頃は?

高橋英樹さんの若い頃の画像。

高橋英樹さんは新人時代に、日活の役員に

「お前は2枚目過ぎるからダメだな」

と言われたことがあるんだとか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする