清塚信也(ピアニスト)の経歴は?嫁は乙黒えり?姉はバイオリニスト?

Sponsored Links

清塚信也さんは東京都出身のピアニスト。

清塚信也さんの経歴は?

清塚信也さんの嫁は乙黒えりさんという方のようですが、どんな方なんでしょう?

子供はいるのでしょうか?

清塚信也さんの姉はバイオリニスト?

気になったので、清塚信也さんについて調べてみました。

[ad#ad1]

清塚信也 経歴

名前   清塚信也
生年月日 1982年11月13日
出身   東京都
所属   トライストーン・エンタテイメント

清塚信也さんは東京都生まれ。

日本人の父親、韓国人の母親、2歳年上の姉の4人家族。

両親とも音楽が大好きで、中でもクラシック音楽はいつも家の中で流れていたそうです。

2歳年上の姉が音楽教室でバイオリンを習うことになり、当時2歳ぐらいで、まだ留守番の出来ない年齢だった、清塚信也さんは一緒に連れられていき、姉のレッスンをずっと見ていたそうで、気がつくと絶対音感が身についていたそうです。

母親の勧めで5歳からピアノを始め、ピアノを始めた頃の記憶はあまりないそうですが、ピアノを弾くのは空気を吸うのと同じような感覚で、当たり前のことだと思っていたんだとか。

清塚信也さんは、小学校4年、5年の頃には試験やコンクールで悪い結果を取ることイコール人生がつまづくと教えられ、清塚信也さん自身もそう思っており、小学6年までは常に音楽教室ではトップ。

しかし、清塚信也さんが中学1年の時、初めてコンクールで予選落ち。

清塚信也さんは生きることを否定されたように感じたそうです。

それから、毎日12時間の練習時間を作ることを目標にし、時には学校を早退。

清塚信也さんは当時、とにかく頑張って練習していないと不安で仕方なかったそうです。

努力の結果、見事に日本学生コンクールの中学校の部で優勝。

1998年、 桐朋女子高等学校音楽科(共学)に入学。

2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位。

清塚信也 2年間ロシア・モスクワ音楽院に留学

2001年、高校卒業後、桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学するも、同年、ロシアのモスクワ音楽院に留学。

清塚信也さんがロシアに留学したのは、日本人が少ないだろうと思ったから。

言葉も分からなかった、た清塚信也さんですが、なんとかモスクワ音楽院に到着。

右も左も分からない清塚信也さんが、まず連れて行かれたの古ぼけた病院だったそうです。

すると、白衣も着ていないお婆ちゃんが部屋に入ってきて、注射器を取り出し、清塚信也さんの左手に刺してきたんだとか。

清塚信也さんは何かを注射されたわけではなく、血を抜かれたそうです。

それらは行為は、外国人用のAIDS検査だったそうですが、何も知らなかった清塚信也さんは本当に恐ろしかったと語っています。

清塚信也さんはそれまで、親や先生の敷いてもらったレールの上でピアノを弾いてきたそうですが、ロシアで初めて自分の意思で音楽というのを見つめたそうです。

モスクワ音楽院では、名教授として知られるセルゲイ・ドレンスキーに師事。

現在では世界の第一線で活躍しているピアニストの前で、演奏しミスをすると、その生徒たちの間から失笑が起こるんだそうです。

清塚信也さんはその緊張感が分を鍛えるのに良かったと話しますが、何もすることがない自由時間が一番辛く、映画鑑賞や飲酒、ときには放浪の旅に出るも2年間過ごして何も得られず帰国したとも話します。

清塚信也 日本に帰国後

帰国後は家族以外に口をきく人もいなくなってしまっており、アノさえ嫌いになってしまったそうですが、以前の伝でわずかながらコンサートの依頼がり、その中で人間性を改善しようと思い立ち、今まで世話になった人々に挨拶に行って人脈を築いていったそうです。

2004年、清塚信也さんが22歳の時、日本イタリア協会第1回イタリアピアノコンコルソボローニャ部門でボローニャ賞の次の金賞受賞。

2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。

2006年、フジテレビ系のドラマ「のだめカンタービレ」で玉木宏さんのピアノ吹替え演奏を担当。

2007年、映画「神童」で松山ケンイチさんのピアノ吹替え演奏を担当。

ドラマ、映画で吹替え演奏を担当したことで、脚光を浴び、メディアにも登場するようになり知名度も上昇。

2019年8月16日、日本人男性クラシックピアニスト初の日本武道館公演。

清塚信也さんは年間100公演以上コンサートを開催。

コンサート中にトークに時間も多く、「ピアノ界のおしゃべり貴公子」と呼ばれているんだとか。

清塚信也の姉はバイオリニスト?

清塚信也さんの姉は2歳上の清塚美耶さんでバイオリニスト。

幼少期に始めた、バイオリンを続け桐朋女子高等学校音楽科から桐朋学園大学進学。

大学在学中に渡米し大学は中退。

アメリカでは年間留学し、2005年に帰国後は、

「洗足フィルハーモニー管弦楽団」

に所属しながら、ツアーミュージシャン、スタジオミュージシャンとしても活動。

2010年からはニューヨークでも活動し、クラシックだけでなく、ポップス、ジャズまで ジャンルを問わず演奏活動行なっていたようです。

清塚信也さんは2018年にインタビューで姉について、

「今もオーケストラで演奏しています。」

と話し、共演について聞かれると、

「今はないですね。子供のころはちょっとやってましたけど。今は恥ずかしくて。」

と話し、理由について聞かれると、

「音楽のセッションって、セクシーというか、とくに男女でやっていると、愛を語り合うようなところも出てくるので・・・それが照れくさくなっちゃって。姉はそういうのないかもしれないですが、姉相手に、「この甘いメロディ、どう?」っていうのもちょっと…」

と話しました。

清塚信也の嫁は乙黒えり?子供は?

清塚信也さんの嫁は乙黒えりさん。

2012年4月1日に結婚を発表しました。

嫁の乙黒えりさんは女優でタレント。

タイ、イギリス、日本の混血でタイのバンコクで生まれ、その後モロッコのカサブランカで過ごし日本に帰国。

乙黒えりさんは高校時代にスカウトされ、芸能界入りし、2001年、テレビ朝日のオーディション番組で4,000人の中から選ばれ1ヶ月の香港生活を送り、香港映画「ザ・スチュワーデス」でデビュー。

2004年から2011年までは、「20日、30日、5パーセントオフ」のフレーズで知られるイオングループのCMに出演していました。

2019年現在は、光文社から刊行されている主婦向けの生活情報誌「Mart」の専属モデルをしています。

清塚信也さんと乙黒えりさんは同じ1982年生まれで、結婚した時、共に29歳。

清塚信也さんと乙黒えりさんは、共通の知人の紹介で出合い交際に至ったそうです。

清塚信也さんと乙黒えりさんに子供は2人。

2012年11月に長女

2015年4月に次女

が誕生しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする