長山洋子の夫はどんな人?子供は娘?アイドル時代?離婚と逮捕の噂はなぜ?

長山洋子の夫はどんな人?子供は娘?アイドル時代?離婚と逮捕の噂はなぜ?

長山洋子さんは東京都出身の演歌歌手。

長山洋子さんは結婚しているようですが夫はどんな方なんでしょう?

子供は娘との噂が?

長山洋子さんは元アイドルだったそうですが、アイドル時代はどのような活躍をしていたんでしょうか?

長山洋子と検索すると、「離婚」「逮捕」の関連ワードが出てくる理由は?

気になったので、長山洋子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

長山洋子 経歴

名前   長山洋子
生年月日 1968年1月13日
身長   156cm
出身   東京都大田区
所属   バーニングプロダクション

長山洋子さんは東京都大田区生まれ。

父親が演歌と民謡が好きで、長山洋子さんも見演歌と民謡を聞いて育ったそうです。

長山洋子さんが4歳の頃、父親が通っていた民謡教室に自らに頼んで通い始め、中学3年生まで通ったそうです。

長山洋子さんが10歳の頃には、倍率100倍といわれたビクター少年民謡会に合格。

ちびっこのど自慢番組などにも出演しその活躍がレコード会社の目にとまり、スカウトされます。

長山洋子さんは演歌歌手としてデビューする予定でしたが、デビューも直前に、当時16歳だった長山洋子さんには演歌歌手としては「年齢的に若すぎる」と判断されアイドル歌手としてデビュー。

演歌歌手としてのボイストレーニングを重ねていた長山洋子さんは、急に方針が変わったことに納得していなかったそうで、テレビ番組に出演した際に、

「納得も行かず、言うことを聞いて、時間が過ぎていった感じです」

と明かしています。

1984年4月、長山洋子さんが16歳の時、「春はSA・RA・SA・RA」をリリースし歌手デビュー。

オリコン最高41位

1985年12月、長山洋子さんが17歳の時、フジテレビ系のドラマ「ヤヌスの鏡」に出演し女優デビュー。

1993年1月、長山洋子さんが25歳の時、「蜩 – ひぐらし -」をリリースし念願の演歌歌手としてデビュー。

キャッチフレーズは「演歌元年」

長山洋子の結婚した夫は?

長山洋子さんは2009年4月6日に結婚。

結婚した夫はマーク・スミスさん。

夫のマーク・スミスさんの職業は人材派遣会社を経営者。

年商は20億円といわれています。

夫のマーク・スミスさんは元々は1994年にニューヨークを拠点とするIT企業の社員として来日しましたが、独立し2004年に会社を設立しました。

結婚した時、長山洋子さんは41歳。

長山洋子さんとマーク・スミスさんの出会いは2003年~2008年までTBS系で放送されていたクイズ番組「世界バリバリ★バリュー」。

2006年に番組のリポーターとして長山洋子さんは出演。

夫のマーク・スミスさんは演歌好きで長山洋子さんをリポーターに指名したんだとか。

夫のマーク・スミスさんは番組放送後に、長山洋子さんにラブレターを送り、長山洋子さんはその情熱に打たれて交際することになったそうです。

国際結婚は最初は周囲に反対もあったそうですが、事務所の先輩の小泉今日子さんに相談し、後押しをしてもらったそうです。

長山洋子に子供は?

長山洋子さんに子供は1人。

結婚翌年の2010年8月19日に出産しています。

子供の性別は娘。

2750グラムだったそうです。

長山洋子さんが出産した年齢は42歳。

結婚のちょうど1年後の2010年4月6日に長山洋子さんはブログで、

「正直、少し不安もありますが、同じアラフォー世代の女性達へ、私なりに心強いメッセージがお届け出来れば」

と妊娠5ヶ月であることを公表しました。

長山洋子さんは出産の2日後にブログで

「本当に本当に大変なお産でした。

たくさんの皆さんからのコメントで、とても励みになり、パワーを頂き、
帝王切開にもならずに、乗り越えることが出来ました。

心から、ありがとうございました。」

と綴りました。

長山洋子のアイドル時代は?

長山洋子さんのアイドル時代は1984年から1992年で16歳から24歳までの8年間。

長山洋子さんはアイドルとして8年間で17枚のシングルをリリースしました。

長山洋子さんはアイドルとしてデビュー後、しばらくは伸び悩みましたが、デビュー2年後の1986年10月21日にリリースした8枚目のシングル「ヴィーナス」はオリコン週間10位なり自身初のトップ10入りを果たし、長山洋子さんのアイドル時代の代表曲となっています。

翌年の1987年3月5日にリリースした9枚目のシングル「ユア・マイ・ラヴ」は自身最高のオリコン週間8位になっています。

長山洋子さんは演歌歌手に転向後はアイドル時代の曲は封印してきましたが、2012年に解禁し20年ぶりに長山洋子さんのアイドル時代の代表曲「ヴィーナス」を熱唱しました。

長山洋子 演歌歌手

長山陽子さんは1993年1月に「蜩 – ひぐらし -」をリリースし念願の演歌歌手として再デビューしました。

同曲は演歌としては大ヒットし、オリコン週間最高18位。

長山陽子さんはアイドル時代には出場することはなかった紅白歌合戦にも、同年にしています。

1995年にリリースした演歌歌手としての7枚目のシングル「捨てられて」もヒットし、第46回NHK紅白歌合戦に出場。

長山洋子さんは以降、2007年まで紅白歌合戦に13回連続出場しました。

長山洋子の「離婚」「逮捕」の関連ワードの理由は?

長山洋子と検索すると「離婚」「逮捕」の関連ワードが出てきます。

なぜ、「離婚」「逮捕」のキーワードが出てくるのかと調べてみると、2015年に「フライデー」で書かれた「薬物使用疑惑のある芸能人」ひとりに「演歌歌手 NY」とあり、これが長山洋子さんではないかとネットで噂されしまったようです。

「離婚」のキーワードについては、長山洋子さんの夫のマーク・スミスさんに離婚歴があるのではないかと噂があったようです。

しかし、どちらの噂も噂だけで何の根拠もないようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする