山本富士子の現在は?夫(旦那)は?子供は息子?長男の仕事は?元ミス日本?

山本富士子さんは大阪府出身の女優。

山本富士子さんは元ミス日本。

山本富士子さんの夫(旦那)はどんな方なんでしょう?

山本冨士子さんの子供は息子がいるようですが、長男の仕事は?

気になったので、山本富士子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

山本富士子 経歴

名前   山本富士子
生年月日 1931年12月11日
身長   159cm
出身   大阪府大阪市

山本富士子さんは大阪府大阪市出身

山本富士子さんは幼少期に日本舞踊をなっていたそうです。

1950年、山本富士子さんは高校卒業後の19歳の時、第1回ミス日本に応募し選出。

1953年、山本冨士子さんが22歳の時、映画会社の大映に入社。

当時の映画会社の争奪戦の末での大映入社でした。

同年、映画「花の講道館」で長谷川一夫の相手役として女優デビュー。

1956年、映画「夜の河」が大ヒットし、大映の看板女優として活躍。

同年、NHK 主演女優賞を受賞

1958年、映画「白鷺」「彼岸花」で

第9回ブルーリボン賞 主演女優賞を受賞

1960年、映画「女経」「ぼく東綺譚」で

第34回キネマ旬報賞 主演女優賞を受賞

1693年、フリーになり「山本富士子アワー」などテレビにも出演。

その後は、演劇を中心に活躍。

山本富士子の高校は?

山本富士子さんは2つの高校に通っています。

最初の高校は

大阪府立大津高女

現在の大阪府立泉大津高校です。

元々は高等女学校として設立女子されましたが、現在は男女共学。

山本富士子さんが高校在学中に、自宅が進駐軍に接収されたため京都に引越。

京都府立第一高女

現在の京都府立鴨沂高等学校

に転入。

鴨沂高校も元は女学校でしたが、現在は共学。

山本富士子は元ミス日本

山本富士子さんは、第1回ミス日本の受賞者

山本富士子さんがミス日本に参加しきかっけは、父親の友人の勧め。

山本陽子さんは、ミス日本が当時、米国からの支援物資の答礼使節としての大任であると知り、参加したそうです。

第1回ミス日本は、読売新聞社・中部日本新聞社・西日本新聞社の主催で開催。

応募人数は約700人だったそうでが、山本富士子さんは満場一致での決定でした。

現在のミス日本の応募総数は5000人前後にまでなっています。

山本富士子さんは受賞後、公式に訪米し、マリリンモンローにも会っているそうです。

山本富士子さんはミス日本に選出された後、映画界からスカウトされましたが、当初女優になる気持ちはなかったそうです。

しかし、スカウトは途切れなかったことから、悩みぬいて、女優にはなることを決心。

山本富士子さんは、戦後ミスコン出身女優第1号と言われているそうです。

山本富士子 フリー宣言

山本冨士子さんは映画会社の争奪戦の末、1953年に大映に入社。

山本富士子さんの契約内容は

「1本あたりのギャラはスライド制で1年目が10万円、2年目が20万円、3年目が30万円と意外に安いかわりに、3年たったら自由契約」

でしたが、3年後の自由契約の約束は守られなかったそうです。

その後も、大映の看板女優として活躍。

1963年、山本富士子さんが31歳の時、契約更新時に前年と同じ条件の

「年に大映2本、他社2本出演」

契約を主張するも受け入れられなかったことから、契約終了と同時に、山本富士子さんはフリーを宣言。

当時の大映の社長はこれに激怒し、山本富士子さんを解雇し、「五社協定」にかけると脅したそうです。

「五社協定」とは、当時の映画界は映画会社、大手5社が牛耳っており、山本富士子さんがフリーになっても他の映画会社の作品に出られないように圧力をかけるとの脅しでした。

山本富士子さんは記者会見で

「そんなことで映画に出られなくなっても仕方ありません。自分の立場は自分で守ります。その方が生きがいがあるし、人間的であると思います。」

と話し、脅しに屈しませんでした。

山本富士子さんはフリー宣言後、他社の映画にも出演出来ないように工作され映画界から姿を消し、テレビに進出。

『この人「山本富士子ショー」』などの冠番組やドラマに出演。

1970年代中ごろもでテレビで活躍した後、舞台演劇の世界に。

山本富士子さんは「五社協定」が無くなった2017年現在も映画には復帰していません。

山本富士子の夫(旦那)は?

山本富士子さんは1962年に結婚

夫(旦那)は作曲家でギタリストの山本丈晴さん

山本丈晴さんは1925年5月22日生まれ

山本富士子さんの6歳上。

山本丈晴さんは作曲家の古賀政男さんに師事し、美空ひばりさんなどの歌謡曲から、流行歌・演歌から映画・テレビ・舞台音楽、社歌・校歌
など幅広く作曲しました。

山本丈晴さんの元々の姓は「古谷」でしたが、古賀政男さんの養子になった後、山本富士子さんと結婚した時には婿養子になり山本姓になりました。

山本富士子さんと山本丈晴さんの出会いは、山本富士子さんが、レコード録音のためにスタジオのある古賀政男さんの家を訪れたことが縁で知り合ったそうです。

結婚した時、

山本富士子さんは31歳

山本丈晴さんは37歳

2011年9月7日、肺炎のため東京都渋谷区の病院で山本丈晴さん、死去。

86歳でした。

山本富士子の子供は息子?

山本富士子さんは1968年、長男を出産。

名前は山本茂晴

山本富士子さんの子供は、息子ひとりだけのようです。

山本富士子さんの息子は現在子供が2人いるそうです。

山本富士子の長男の仕事は?

山本冨士子さんの長男の仕事について調べてみましたが、仕事は公開されていないようです。

仕事が公開されていないところを見ると、山本富士子さんの長男の仕事は、芸能関係ではなく、一般の仕事の可能性が高いと思われます。

山本富士子の現在は?

山本富士子さんは現在も舞台を中心に女優として活動しています。

山本富士子さんは、旦那と死別した後、住みなれた一軒家から、マンションに引っ越したそうです。

最近、年配の方が一軒家マンションなどに引っ越すケースが少なくないようです。

一軒家は広く、庭の手入れ、掃除などが大変というのが理由のようです。

山本富士子さんも80代半ばを過ぎているので、一軒家の管理がひとりでは大変だったのかもしれません。

山本富士子 最後に

第1回ミス日本に輝いた、山本富士子さん。

山本富士子さんは高校卒業後、就職試験で日本銀行を受けましたが、不採用となりました。

後に、当時を知る日本銀行関係者が雑誌のインタビューで、山本富士子さんが不採用になった理由について

「適性など能力には全く問題がなかった。ただあの美貌ゆえ、男子行員達が落ち着かなくなるのではと心配されて採用が見送られた。」

と話しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする