大空眞弓の現在は?多重がん?夫は?息子(長男)が逮捕?若い頃の画像!

大空眞弓さんは東京出身の俳優

大空眞弓さんは多重がんを患った経験があるようです。

大空眞弓さんはの夫は誰なんでしょう?

大空眞弓の息子(長男)は逮捕されたことがあるようです。

大空眞弓さん若い頃の画像も見てみたいですね。

気になったので、大空眞弓さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

大空眞弓 経歴

名前   大空眞弓
生年月日 1940年3月10日(77歳)
出身   東京都港区
所属   オフィスのいり

大空眞弓さんは東京都生まれ。

父親は沖縄県、母親は広島県出身。

大空眞弓さんが1歳の時、父親の仕事の関係で一家で中国の北京に。

終戦間際に帰国し母親の出身地の広島県に.

1945年5月、当時の広島県佐伯郡五日市町で原爆に遭遇。

爆心地が遠かったため、その時は誰も症状は出なかったそうですが、姉は20代後半に白血病で亡くなっていそうです。

終戦後は、父親が大分県別府市で家具の製造会社を始めたため転居、その後父親が北京時代の人脈を活かし東京で貿易会社を興したため小学校2年の時、一家で東京に戻り移住。

大空眞弓 女優に

1958年、大空眞弓さんが大学在学中の18歳の時にスカウトされ、新東宝。

大学は中退。

同年、映画「坊ちゃん社員」で女優デビュー。

1961年に新東宝を退社、フリーを経て、1962年に東京映画に移籍。

1964年、TBSにドラマ「愛と死をみつめて」に出演。

大空眞弓さんは、不治の病に冒される大島みち子役を演じ、前・後編の放送で、放送当時は前編12.6%、後編16.9%と当時のテレビドラマとしては高視聴率ではなかったが、大きな反響を呼んで、放送後1年間に4度も再放送されることとなり、大ヒットドラマとなりました。

以降、映画、ドラマで活躍。

大空眞弓の高校は?

大空眞弓さんの高校は

白百合学園高校

東京都千代田区九段北にある、中高一貫の女子高。

カトリック系ミッションのお嬢様学校として有名で、毎年10人前後の東大合格者を出すほど、難関大学への進学率が高い高校です。

完全中高一貫校なので、大空眞弓さんは中学校から白百合学園です。

女優の木村多江さんや、松たか子さんも卒業生です。

大空眞弓の大学は?

大空眞弓さんの大学は

東京音楽大学声楽科

大空眞弓さんは、大学1年生の時、映画会社に女優としてスカウトされたため、大学は中退しています。

大空眞弓の夫は?

大空眞弓さんは1968年、俳優の勝呂誉(すぐろ ほまれ)さんと結婚。

勝呂誉さんは1940年6月1日生まれ。

大空眞弓さんとは同い年。

結婚した時、大空眞弓さん、勝呂誉さん共に28歳でした。

大空眞弓さんと勝呂誉さんの出会いは

1961年放送のTBSのドラマ「青年の樹」。

結婚後、1976年に息子に恵まれますが、1982年に離婚。

結婚生活は約14年でした。

大空眞弓の長男の息子が逮捕?

大空眞弓さんの息子は中田元博さん。

中田元博は一時期、俳優していたようですが、売れてはいなかったようです。

2001年、覚せい剤取締法違反で逮捕。

2002年2月、保釈中にも同じ罪で逮捕。

2002年4月、東京地裁で懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡されました。
当時、大空眞弓さんの息子は26歳でした。

2008年、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕。

大空眞弓さんは息子の3度目の逮捕を受け会見し

「もう1度、お腹の中に入れたいと思いました。もういっぺん産み直したい。叶わないことですけれど」

と話しました。

大空眞弓は多重がんだった?

大空眞弓さんは、55歳の時、人間ドックで乳房に腫瘍が見つかり、当時は良性でしたが、2年半後に悪性に変わり、58歳で左乳房を全摘出。

大空眞弓さんの乳がんは、切除以外の治療の選択肢もあったそうです。

しかし、大空眞弓さんは治療期間が短くて、再発の可能性がないことから、摘出手術を選んだそうです。

1ヵ月後には舞台があり、大空眞弓さんの家系はがんが多く、心配しなくていい方法が一番だと思ったそうです。

手術後は定期的に検診を受け、61歳で胃がん、63歳で食道がんと立て続けにがんを患いました。
食道がんは3ヶ月で5回の切除手術をしたそうです。

手術は全部、内視鏡手術でその日のうち帰宅でき、翌日も仕事が出来たそうです。

大空眞弓さんは多重がんを経験し、がんについて

「がんをことさら深刻に考えることはないと思います。その都度、見つけたら対処していくだけ。今の時代は、ほかの病気とさほど変わらないんじゃないでしょうか。そうおおらかにとらえた方が心穏やかに過ごせると思いますよ。」

とインタビューで話しています。

大空眞弓の現在は?

大空眞弓さんは多重がんを患い現在、70代後半ですが、現在も仕事を続けています。

2017年にはNHKのドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」に主演の波瑠さんの祖母役で出演しています。

年齢的なこともあり、以前に比べ仕事はセーブしているようです。

大空眞弓の若い頃の画像!

大空眞弓さんの若い頃の画像

1959年と書いてあるので、大空眞弓さんが19歳の頃の画像です。

大空眞弓さんは若い頃から美しいですね。

これは、確かにスカウトもされますね。

大空眞弓さんの出世作となった「愛と死をみつめて」の頃の画像です。

大空眞弓さんはこの頃、24歳ぐらいでした。

大空眞弓さんが30歳の頃の画像です。

大空眞弓 最後に

大空眞弓さんは、3度の多重がんを患っていますが、前向きにすべてのがんを乗り越えていますね。

大空眞弓さんは乳房を失うことに落胆は無く、医師に

「バッサリ切ってください」

と言ったそうです。

大空眞弓さんは仕事のことを考えて、放射線治療で入院が長引くを避けたかったそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする