樹木希林のがんの治療法は?鹿児島?娘の旦那は? 若い頃の画像!

樹木希林のがんの治療法は?鹿児島?娘の旦那は? 若い頃の画像!

樹木希林さんは東京出身の女優

樹木希林さんは全身にがんがあるち公言していますが、治療法は何なんでしょう?

鹿児島で治療しているとの噂もあります。

樹木希林さんの娘の旦那は?

樹木希林さんには孫もいるそうですが、名前はなんというのでしょう?

気になったので、樹木希林さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

樹木希林 経歴

名前   樹木希林(きき きりん)
本名   内田啓子(うちだ けいこ)
生年月日 1943年1月15日(74歳)
身長   160cm
出身   東京都千代田区
所属   フリー

樹木希林さんは東京出身

樹木希林さんは高校で演劇部に所属。

1961年、樹木希林さんが18歳の時、に文学座付属演劇研究所に入所。

「悠木千帆」名義で女優活動を開始。

1964年、森繁久彌主演のTBSドラマ「七人の孫」にレギュラー出演し、人気を獲得。

1965年、文学座の正座員

1966年、文学座を退団

樹木希林の高校は?

樹木希林さんの高校は

千代田女学園高等学校

東京都千代田区ある学校で併設型の中高一貫校

樹木希林さんも中学から千代田女学園。

現在の偏差値は48~53

武蔵野大学の系列校で、樹木希林さんも大学へ行き、薬剤師を目指していましたが、大学受験直前にスキーで足を怪我したため、大学進学を断念したそうです。

樹木希林 寺内貫太郎一家

1974年、樹木希林さん31歳の時、「寺内貫太郎一家」に出演。

このドラマでは、小林亜星さん演じる貫太郎の実母の寺内きん役を演じました。

母役といっても、樹木希林さんは息子役の小林亜星さんよりも11歳も若く。30代前半。

頭髪の色を落とし、手の若さを隠すため、ドラマの中では、指ぬき手袋を外さなかったそうです。

「寺内貫太郎一家」は平均視聴率31.3%を記録した人気テレビドラマで、第2シリーズまで制作されました。

樹木希林 郷ひろみとデュエット

樹木希林さんは1977年~1978年TBSドラマ「ムー」「ムー一族」に出演。

このドラマ郷ひろみさんと共演。

ドラマのテーマ曲として、郷ひろみさんとデュエット曲をリリース。

1977年9月1日、「お化けのロック」

オリコンチャート最高2位

1978年6月21日、「林檎殺人事件」

オリコンチャート最高6位

「ザ・ベストテンでは4週連続で1位。

1978年の年間ベストテン第10位に輝きました。

その後も、個性派俳優として、ドラマや映画で活躍。

樹木希林 最初の結婚

樹木希林さんは、1964年に俳優の岸田森と結婚

岸田森さんは1939年10月17日生まれ

樹木希林さんの4歳年上

結婚した時

樹木希林さんは、21歳

岸田森さんは、25歳

1968年に離婚

結婚生活は約4年

離婚した時

樹木希林さんは、25歳でした。

樹木希林 2度目の結婚

樹木希林さんは、1973年にミュージシャンの内田裕也さんと再婚。

しかし、1年半で別居。

その後、現在でも別居を続けています。

1981年、内田裕也さんが樹木希林さんに無断で離婚届を役所に提出した際には、樹木希林さんは離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こして勝訴しています。

その後は、1年に1回は連絡を取り合う関係になったそうです。

2005年1月、樹木希林さんが乳がんの摘出手術を受けた後は、月1回の連絡になり、以降は、毎年正月には一緒にハワイ過ごす関係になったそうです。

2011年には、内田裕也さんが、交際中の女性に別れ話された際、脅迫し女性の自宅に進入した容疑で逮捕されましたが、その後も、離婚はしていません。

樹木希林のがんの治療法は?鹿児島?

樹木希林さんは「全身がんだらけ」と自身ががんであることを公言しています。

公言したのは、2013年3月、それから4年。

樹木希林さんは現在も映画やイベントなどに出演し続けています。

あまりの樹木希林さんの元気な姿から、

「がんは本当?」

と疑問の声が上がるほどでした。

2016年2月NHKの「クローズアップ現代」に出演し、改めて自身のがんについて語りました。

「来週にはまた治療に入るんですけれども

(中略)

私は本当、死ぬ死ぬ詐欺なんて笑っているんです」

と話ました。

樹木希林さんは自身のがんの治療法についても

「放射線のピンポイントの治療なんで、非常にこれは楽な治療なんですね」

と語っています。

樹木希林さんのがんの治療法は「放射線のピンポイントの治療」のようですね。

樹木希林さんの治療法は

「四次元ピンポイント照射」

と呼ばれる治療法ではないかと言われています

全国でも鹿児島県にある「UMSオンコロジークリニック」でしか行われていない治療法で、樹木希林さんも治療に鹿児島まで通っているようです。

鹿児島県でしかこの治療法が行われていな理由は、この治療法に必要な「スーパー・フォーカル・ユニット」と言われる機器は、このクリニックの院長のグループが、医療機器メーカーと共に、放射線治療装置とX線、CTスキャンなどを組み合わせて作ったもので、日本に1台しかないからです。

同じような、四次元照射装置は存在しますが、機器が小さいため、限界があり、5cm以上の大きがんの治療は難しいようです。

すべてのがんに適応するわけでは、ありませんが、がんによっては大きな治療効果があるようです。

ただ、自由診療のため治療費は高額で。通常でも150万円~250万円ほどかかるそうです。

樹木希林の娘の旦那は?

樹木希林さんの娘はエッセイストの内田也哉子(うちだややこ)さん。

内田也哉子さんの旦那は、元シブがき隊の本木雅弘さんです。

1995年に結婚しています。

内田也哉子さんは、1976年2月11日生まれ

本木雅弘さんは、1965年12月21日生まれ

年の差は11歳

結婚した時

内田也哉子さんは、19歳

本木雅弘さんは、30歳

子供は

1997年に長男・雅楽(うた)

1999年に長女・伽羅(きゃら)

2010年次男・玄兎(げんと)

を出産しています。

内田也哉子さんと本木雅弘さんの出会いは

本木雅弘さんが出演した番組に内田也哉子さんが通訳として参加したことだそうです。

その時、内田也哉子さんは16歳

プロポーズは内田也哉子さんが17歳の時だそうです。

本木雅弘さんは婿養子となっています。

婿養子になったのは、樹木希林さんが

「内田の姓を残したい」

と頼み込んだからのようです。

孫が生まれた後は、目黒区に二世帯住宅を建てて生活しているそうです。

樹木希林の孫の名前は内田伽羅

樹木希林さんの孫は3人いますが、長女の内田伽羅さんは、女優活動もしているようです。

内田伽羅さんは、1999年9月16日生まれ

幼少期からインターナショナルスクールに通学

2010年、映画「FURUSATO -宇宙からみた世界遺産」でデビュー。

2011年、映画「奇跡」
樹木希林さんと共演

2015年、映画「あん」
主演は樹木希林

2015年以降はイギリスに留学中。

樹木希林の若い頃の画像!

樹木希林さんの若い頃が画像

これは樹木希林さんが、内田裕也さんと結婚した頃だと思われます。

30歳ぐらいの樹木希林さんです。

左上の樹木希林さんは1970年とのことなので
26歳ぐらいですね。

樹木希林 最後に

樹木希林さんは現在、芸能事務所には所属しておらず、マネージャーもいないそうです。

そのため、ギャラ交渉も樹木希林さん自身が行うそうです。

ギャラにに関しては時に決まってはいないようで

「タダでも出る時は出るのよ」

と話しており、時には

「台詞忘れちゃう」

などと言ってギャラアップしてもらうこともあるそうです

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする