参考人(任意聴取)の女性(今治市親子殺傷事件)が自殺!冤罪?動機は?近所の評判は?

参考人(任意聴取)の女性(今治市親子殺傷事件)が自殺!冤罪?動機は?近所の評判は?

今治市親子殺傷事件の参考人(任意聴取)の女性が自殺しました。

殺人及び殺人未遂の容疑がかかっていました。

参考人(任意聴取)の女性は、今治市の市営住宅で高齢の親子が部屋に押し入ってきた何者かに刃物で襲いかかった疑いがありました。

母親の92歳の女性は死亡し、息子の70歳の男性は重症だそうです。

この事件の1週間前にも、事件現場の近所で高齢者の女性が殺される事件が発生しており、この事件との関連も捜査しているようです。

参考人(任意聴取)の女性が犯人だとしたら、どんな動機があったのでしょうか?

参考人(任意聴取)の女性は近所の住人の評判はどうだったんでしょうか?

気になったので、参考人(任意聴取)の女性と今治市親子殺傷事件について調べてみました。

スポンサーリンク

参考人(任意聴取)の女性 事件概要①

3日午前9時ごろ、愛媛県今治市室屋町の市営住宅で、岡本ユキヱさん(92歳)と息子の久行さん(70歳)が、部屋に入ってきた女に刃物のようなもので切られて、ユキヱさんが殺害され、久行さんが背中に重傷を負った。

女は現場から自転車で逃走し、血の付いた刃物が残されていたことから、警察は殺人事件として捜査している。

捜査関係者によると、これまでの調べで、付近の防犯カメラの映像を解析したところ、事件のあった時間帯に、近くに住む40歳前後の女が映っていた。

とのことです。

重症を負った、息子の久行さんは事件について

「見知らぬ中年の女に切りつけられた」

と話ており、息子の久行さんは参考人(任意聴取)の女性との面識がなかったようです。

事件が起きたのは、午前9時頃。

朝の用事が終わり、一段落した頃ですね。

犯人が誰であれ、なぜこのような時間に事件をおこしたのでしょうか。

この家には、70歳とはいえ男性もいたわけですし、刃物がどんなものかは、明らかにされていませんが、反撃される恐れはあったはずです。

息子の久行さんは背中を切りつけられているので、犯人の女性に不意を付かれたのかもしれません。

参考人(任意聴取)の女性 事件概要②

参考人(任意聴取)の女性の犯行とされた、この事件の1週間前の4月26日にも高齢者の女性が殺害される事件がありました。

事件現場は、今回の事件現場から400mほどしか離れていないそうです。

「26日午後1時10分ごろ、愛媛県今治市別宮町6丁目の無職越智サツキさん(81歳)方で、訪れた女性ヘルパーから「高齢の女性が倒れている」と119番通報があった。今治署員が駆けつけたところ、越智さんは自宅1階の居間に倒れ、既に死亡していた。腹部には幅数センチの刺し傷があり、出血していたという。」

とのことです。

この現場でも血の付いた刃物が発見されるなど、共通点もあり現場が非常に近いことから、参考人(任意聴取)の女性との関係も調べているようです。

今治市の人口は約15万6千人。

この規模の都市で、こんなに近くで連続で殺人事件が起きるなんて考えられませんね。

参考人(任意聴取)の女性の近所で評判は?

参考人(任意聴取)の女性は近所との付き合いはほとんど無かったようです。

最近、参考人(任意聴取)の女性を見かけた近所の人の話では、

「あいさつしたが返答がなかったので暗い印象を受けた」

と話しています。

今治市親子殺傷事件の犯人の動機は?

今治市親子殺傷事件の犯人は、まだ逮捕されていませんが、近所で起こった殺人事件のも、もし、参考人(任意聴取)の女性の犯行だとしても、何かのトラブルの可能性は低いかもしれません。

背中に重症を負った、息子の久行さんは参考人(任意聴取)の女性のことは知らなかったようですし、母親の岡本ユキヱさんと参考人(任意聴取)の女性とのトラブルだったとしても、同居している息子が知らないとは考えにくいですね。

今回の事件は92歳の女性、前の事件は81歳女性共に高齢者の女性であることも気になります。

参考人(任意聴取)の女性が自殺!冤罪?

参考人(任意聴取)の女性が自殺ってこれはかなり大変なことですね。

報道で逮捕は時間の問題のような、報道がされていましたので、犯人だと思って事件を見ていましたが、よく分からなくなりました。

参考人(任意聴取)の女性が仮に犯人だったとしても、自白をを取ることは完全に出来なくなりましたし、自殺したことを考えれば、警察の取調べが酷かった可能性も出てきました。

冤罪だったら大変ですね。

今治市親子殺傷事件 最後に

今治市親子殺傷事件のために、コールデンウィークですが、子供達は外で遊ぶことが出来なくなっているそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする