ペット霊園の宝塔の閉園の理由は?遺骨はどうなる?返還される?場所は?

ペット霊園「宝塔」が突然閉鎖したことが批判されています。

ペット霊園「宝塔」の場所は大阪府枚方市

ペット霊園「宝塔」が閉園したのは、今年1月のと。

利用者には何の説明も無く、張り紙があっただけのようです。

ペット霊園「宝塔」の現状はどうなっているんでしょう?

ペット霊園「宝塔」の閉園理由は何だったんでしょうか?

スポンサーリンク

ペット霊園「宝塔」の現状

ペット霊園「宝塔」は、1月に閉園。

張り紙が2枚あり書かれている内容は、

「平成29年1月末日をもって閉園しました。

順次、取壊、解体、撤去、整地の後、地権者へお返しします。」

もう1枚の張り紙には、

「H29、4月より工事に入ります。

このお彼岸最後のお参りとなります。

写真など思い出の品をお持ち帰りください。

残りはいらないものとして、対応しますのでよろしくお願いします。」

と書かれています。

遺骨は堀返されて、山積みになっているようです。

ペット霊園「宝塔」のホームページはまだありますが、電話は繋がらないようです。

霊園の中には、利用者の書いたものと思われる張り紙があり、

「自然葬の子達はどこへいったのか教えてください。この状態はひどすぎると思います。」

他にも、

「燃えた山の横に遺骨の山があります。」

と書いてあります。

この利用者は散乱ち遺骨の一部を一箇所に集めたようです。

4月工事開始と書いてあるので、遺骨を掘り返したのは工事の一貫なんでしょう。

あまりにもひどい対応ですね。

家族同然のペットの遺骨を預けた利用者の気持ちを全く考えていませんね。

ホームページにも閉園に関することは全く書かれていません。

ホームページでは今でも開園してるように見えます。

ツイッターの情報では、元は現在の経営者の父親が経営しており、現在はその息子が経営しているようです。

ペット霊園「宝塔」の閉園理由は?

ペット霊園「宝塔」の閉園理由は経営者に連絡がつかない状態で分かっていません。

ただ、「地権者に返す」と張り紙には書いてあるので、現在は経営していた人物の所有じゃないようです。

借りた土地でペット霊園「宝塔」を経営していたか、もしくは、所有していた土地を売ってしまったかですね。

もしも、土地を売ってしまったとしたら最悪です。

ペット霊園を設置するすことに対する条例は、各自治体によって、違うようです。

自治体によってはペット霊園を管轄する部署があり「自身が所有する土地であること」などの規制があるようですが、大阪府枚方市ではペット霊園の管轄する部署は無く、申請する必要も無く、他の法律に違反しない限りは問題にならないようです。

ペット霊園「宝塔」の遺骨の返還は?

ペット霊園「宝塔」では遺骨の返還をする気はないようですね。

掘り返されて、散乱していいる状態ですから。

利用者が気の毒でなりません。

ペット霊園「宝塔」 最後に

ペット霊園「宝塔」の対応はネットで大きな話題となり批判されています。

元となったツイートは18000RTを超えて広く拡散されています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 海老原うづき より:

    せめて 地元の御寺さんの敷地内とかに みんな一緒でも埋葬してもらえたら 良いのですが。市内には 優しいご住職は いらっしゃらないのでしょうか?悲しいですね。

  2. 北脇武 より:

    こんにちは。
    枚方市の宝塔の問題で、うちのペットも埋葬していました。
    今日、状況を見に行き愕然としました。
    とりあえず、掘り返された遺骨をどうにかしたいと思っています。引き取って共同墓地等で埋葬して頂けるペット葬儀社を探そうと思っています。
    皆さん何か何でもいいので宝塔に関して情報等あればお教えください。

  3. 高木洋子 より:

    こんにちは
    2年前に私は火葬して貰いました。
    埋葬予定でしたがそこら中に野良猫用の缶詰めが空になった状態で山積みでお堂は消失…正直愛猫を預けるには足らない施設でした。

    前の社長さんの時は綺麗で評判も良かった様なのですが私の時はとてもいいとは言えず火葬後連れて帰りました。
    連れて帰って良かったと今思っています。
    利用されていた飼い主の皆様が本当に可哀想で仕方ないです。