中山美穂の現在(2017)はドラマの仕事が増えた?息子を捨てた?本当の理由は?

Sponsored Links

中山美穂さんは東京都出身のアイドルで女優

2002年に結婚して芸能界を離れていましたね。

離婚後、芸能界に復帰していますが、現在、仕事はどうなんでしょか?

中山美穂さんは、離婚後の親権は元旦那持ち、息子を捨てたと言われていますが、本当なんでしょうか?

気になったので、中山美穂さんいついて調べてみました。

[ad#ad1]

中山美穂 経歴

名前   中山美穂
生年月日 1970年3月1日(47歳)
身長   158cm
出身   東京都小金井市
所属   ビッグアップル

中山美穂さんは長野県佐久市に生まれ、東京都小金井市で育つ。

1982年、中学校1年の時に原宿でスカウト。

モデルやCMの仕事を始める。

高校は東京都立北園高等学校定時制に進学。

しかし仕事が増えてきたため、芸能活動を優先し、1年で自主退学。

1985年1月、中山美穂さんが14歳の時、TBSのドラマ「毎度おさわがせします」で女優デビュー

このドラマは、最高視聴率26.2%の大ヒットドラマとなり、中山美穂さんはデビュー作でブレイク。

同年6月、シングル「C」でアイドル歌手としてもデビュー。

同年12月、映画「ビーバップ・ハイスクール」公開され、興行収入14億5000万円の大ヒット。

また、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。

1986年、6枚のシングルをリリースし、すべてがヒット。

ドラマも、「毎度おさわがせします」の第2シリーズが放送され、最高視聴率25.3%のヒット。

トップアイドルの地位を確立する。

中山美穂 結婚

2002年6月、中山美穂さんは辻仁成さんと結婚
辻仁成さんは芥川賞受賞作家でミュージシャン

1959年10月4日生まれ

中山美穂さんの11歳年上

結婚した時

中山美穂さんは、32歳

辻仁成さんは、42歳

中山美穂さんは初婚ですが、辻仁成さんは再婚でした。

前妻は女優の南果歩さんで2000年3月に離婚しています。

結婚後にはフランスに移住。

中山美穂と辻仁成の出会い

中山美穂さんと辻仁成さんの出会いは

2001年10月の雑誌の対談でした。

しかし、同年の7月にパリのシャルルドゴール空港の渡り廊下で辻仁成さんは中山美穂さんを見かけており、自身の小説の「サヨナライツカ」の映画化の際の主人公は中山美穂さんしかいないと確信したそうです。

当時映画化の話は進んでおり、中山美穂さんは、キャスティングの候補の1人に名前が挙がっていたようです。

そして、10月の対談で会った時

「やっと会えたね」

と言った事は話題になりました。。

この対談で、中山美穂さんと辻仁成さん意気投合し交際に発展。

交際期間8ヶ月で結婚しました。

結婚当時、中山美穂さんは

「私は宝物を見つけました」

と話していました。

2004年1月、長男を出産

中山美穂と辻仁成が離婚!離婚理由は?

2002年6月、中山美穂さんは辻仁成さんと結婚しましたが、

2014年7月8日、離婚成立

結婚生活は12年でした。

離婚理由はすれ違いと言われています。

中山美穂さんは結婚後は仕事をセーブし専業主婦の生活をしていました。

仕事はCMだけで、ドラマや映画の仕事はしていませんでした。

2004年1月、長男を出産

しかし、慣れないフランスの生活と日本と違った子育て事情にストレスもあったそうです。

フランスに移住したものの辻仁成さんは、日本での仕事も多く、中山美穂さんが日本でCMの発表の仕事を終えてフランスに帰ると、今度は辻仁成さんが日本で、自身の作品の舞台の演出のために日本に行くなど、すれ違いの生活も多かったようです。

中山美穂さんが出産後患った、子宮筋腫も理由のひとつのようです。

中山美穂さんは子宮筋腫が悪化し日本で治療。

その際、辻仁成さんは病院を探し、手術の手配、献身的に側にいてくれたと話していますが同時に

「また元の生活に戻り同じことを繰り返すことは考えられなくなってしまった」

と明かしています。

中山美穂は息子を捨てた?本当の理由は?

中山美穂さんと辻仁成さんが離婚、親権は辻仁成さんが持ちました。

この件で、中山美穂さんが子供を捨てたと言われていました。

日本では一般的に、子供の親権を持つのは母親とされています。

特に父親に問題が無くても、裁判で争えば母親になるケースが多いようです。

しかし、欧米では考え方違うようで親権は基本的に半々なようです。

中山美穂さんが離婚した2014年には、日本もハーグ条約の加盟しており、親権をとりにくかったのかも知れません。

ハーグ条約とは、親権を侵害する、国境を越えた子どもの強制的な連れ去りや引き止めなどがあったときに、迅速かつ確実に子どもをもとの国(常居所地)に返還する国際協力の仕組み等を定める多国間条約です。

この条約では国籍に関係なく生まれ育った国で、生活する方が子供のために良いという考え方もあるようです。

ハーグ条約は子供が16歳になるまでは適用されるようです。

日本でハーグ条約がの効力が発生するのは2014年の4月1日からで、中山美穂さんの離婚が成立する3ヶ月前です。

当時、中山美穂さんの子供は10歳

辻仁成さんが子供を日本に連れて行かせることに反対したなら、日本に帰りたい中山美穂さんには、不利になるようです。

このことで、日本のように簡単に母親が親権を取れなかったのかもしれません。

中山美穂さんは、

「離婚を承諾してもらうための条件だった」

と話しています

とはいえ、中山美穂さんは離婚後、音楽家の渋谷慶一郎さんと交際していることを報じられています。

正直、正確なことはわかりませんね。

中山美穂の現在(2017)は仕事が増えた?

中山美穂さんが、離婚成立後に出演したドラマは2本、2016年8月から放送のWOWOW制作ドラマ「賢者の愛」と2017年4月から放送のフジテレビのドラマ「貴族探偵」

この2本です。

離婚を争っている時にNHKの「プラトニック」にも出演しています。

ほとんどの作品で、主演を務めてきた中山美穂さんですが、「貴族探偵」では主演ではありません。

12年も女優をいていなかったので、簡単に主演と言うわけにはいかないようですが、女優としては順調に仕事が出来ている感じがしますね。

仕事が増えているとまでは言いませんが、離婚後日本に帰ってきて仕事が決まるところは、さすが、中山美穂さんと言ったところですね。

12年も芸能界を離れていたら、高校生ぐらいなら知らないかも知れませんからね。

中山美穂 最後に

中山美穂さんにとっては、これから女優としての正念場かもしれませんね。

12年間女優を離れていた間にいろんな女優が出てきてます。

若い人はあまり中山美穂さんを知らない人も多いでしょうからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする