榊原郁恵の旦那との馴れ初めや病気!息子は何人?学歴や経歴

榊原郁恵さんは神奈川県出身のタレント。

学歴や経歴は?

榊原郁恵さんの旦那は渡辺徹さんですが、結婚の馴れ初めは?

子供は何人?

病気とは?

気になったので、榊原郁恵さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

榊原郁恵の学歴や経歴

名前   榊原郁恵
生年月日 1959年5月8日
出身   神奈川県川崎市
身長   155cm
所属   ホリプロ

榊原郁恵さんは神奈川県川崎市生まれ、厚木市育ち。

3歳の時に厚木市に引越しました。

父親はサラリーマン。

父、母、4歳年上の姉の4人暮らし。

母親は専業主婦で家事のすべてを完璧こなす料理上手。

食卓の脇には3色食品群の図表が貼ってあり、榊原郁恵さんと姉にその日に使う食材について、毎日説明していたといいます。

榊原郁恵さんの大好きだった母親の手料理は、ハンバーグ、ナポリタン、オムライスにプリンなど。

子供の頃の夢は幼稚園の先生。

中学は厚木市立厚木中学校

高校は厚木東高校(偏差値54)から堀越高校芸能活動コースに転校して卒業。

大学には進学しませんでした。

榊原郁恵さんは引っ込み思案な子供でしたが、小学生の時、映画「サウンド・オブ・ミュージック」を見て、女優という職業に憧れを抱いたといいます。。

中学時代はテニス部に所属。

高校時代は人形浄瑠璃同好会に所属。

榊原郁恵さんは高校入学して間もない頃、児童劇団のオーディションに応募し、1時審査に合格しますが、両親は大反対。

父親は少しだけ理解を示しましたが、

「自分も芝居に興味があったから、気持ちは分からないでもない。でも、やるなら高校を出た後、きちんと芝居を学びなさい」

と言われ2時審査は受けなかったそうです。

しかし、榊原郁恵さんの芸能界への憧れは消えず、1976年9月の高校2年生の時、「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」に無断で応募し、応募総数約18000人の中からグランプリを受賞。

母親と姉は反対しましたが、父親は、

「子供の芽を摘むことはできない。親は応援していくしかない」

と母親と姉を説得してくれたそうです。

榊原郁恵さんはこのとは当時は知らず、母親に後になって聞いたそうです。

榊原郁恵 芸能界デビュー

榊原郁恵さんはスカウトキャラバンのグランプリ受賞後、すぐ上京し寮に入り、芸能活動コースがあった堀越高校へ転校。

スカウトキャラバンもグランプリ受賞をした次の日には仕事が取材などの仕事が入っていたそうです。

同年、江崎グリコのCMで芸能界デビュー。

同年12月公開の映画「春琴抄」にお吉役で出演し女優でビュー。

1977年1月、ファーストシングル「私の先生」をリリース歌手デビュー。

デビュー当時のキャッチフレーズはスカウトキャラバン決勝大会ののサブタイトルが「1億円のスター」だったことなどから「1億円のシンデレラ」。

しかし、榊原郁恵さんはスカウトキャラバンの応募要項を雑誌で見つけた時、「歌手志望」と、「役者志望」があり、役者志望で応募していたため、全く歌手になるつもりは全くなかったそうです。

1977年6月、テレビ朝日系のドラマ「だいこんの花」第5部に出演しドラマデビュー。

1978年7月、7枚目のシングル「夏のお嬢さん」がヒット。

同年10月、TBS系のドラマ「ナッキーはつむじ風」でドラマ初主演。

「夏のお嬢さん」のヒットで同年の第29回NHK紅白歌合戦に初出場。

以降、1983年まで6回連続で出場しました。

1981年8月、ミュージカル「ピーターパン」に主演。

1987年8月まで6年間出演し、76万人の観客を動員しました。

同年に結婚後は主婦タレントとしてバラエティ番組などで主に活躍していいます。

榊原郁恵の旦那馴れ初め

榊原郁恵さんが渡辺徹さんと結婚したの1987年110月。

旦那の渡辺徹さんは1961年5月12日生まれで、榊原郁恵さんの2歳年上。

結婚した時、榊原郁恵さんは26歳、渡辺徹さんは28歳でした。

馴れ初めはドラマでの共演。

1984年5月から放送された日本テレビ系の渡辺徹さん主演ドラマ「風の中のあいつ」に榊原郁恵さんがヒロインで出演したことが馴れ初めで交際に発展し、結婚に至りました。

翌年の1985年のドラマ「気になるあいつ」でも共演しています。

2人の最初の出会いは1982年の歌番組1「トップテン」。

榊原郁恵さんが司会をしていた番組に、渡辺徹さんが歌手として出演しました。

渡辺徹さんはデビュー前から、榊原郁恵さんのファンで、最初に買ったレコードも榊原郁恵さんのレコード。

予約して買ったので、ポスターを貰い部屋に榊原郁恵さんのポスターが貼ってあったと話しています。

渡辺徹さんは「トップテン」で榊原郁恵さんに会えることにドキドキ。

しかし、渡辺徹さん廊下で「よろしくお願いします」と挨拶した時、榊原郁恵さんは「あ、どうもー」とそっけなかったことにがっかりしたといいます。

しかし、榊原郁恵さんはそのことは覚えてなく、覚えているのは渡辺徹さんが3回出演して、出演するたびにどんどん太っていったことだったそうです。

渡辺徹さんはデビューから4年で、70キロから130キロまで体重が増えていました。

榊原郁恵さんはドラマで共演した際に、すごくオープンな人だと思ったといい、渡辺徹さんが撮影に、酔っぱらっまま収録に現れた時には、メイクルームで「仕事を何だと思ってるんですかっ!」と叱りつけたこともあったと話しています。

渡辺徹さんは、

「(トップテンで最初に会った時にの)第一印象が良くなかった分、下心がなかったのも良かったんでしょうね。良く思われたいとか好かれたいなんて思わなかった。」

引用 https://dot.asahi.com/

と話しています。

交際に発展した後は、渡辺徹さんは母親と住む榊原郁恵さんの家によく行き、榊原郁恵さんがいない時に友人を連れて行き、ご飯を作ってもらったこともあったといいます。

結婚式の媒酌人は愛川欽也さんとうつみ宮土理さん夫婦で、結婚披露宴はテレビで完全生中継されました。

結婚披露宴の視聴率は平均視聴率は40.1%の高視聴率を記録。

結婚披露宴の総費用は3億円ともいわれ、その費用はテレビ局持ちだったそうです。

榊原郁恵の息子は何人?

榊原郁恵さんの子供は2人。

2人とも息子です。

長男が1989年3月

次男が1996年2月

に誕生しました。

長男の渡辺裕太さんは2010年から芸能界入りし、俳優、タレントとして活動しています。
2021年現在、次男のデビューした情報はありませんが、2018年に渡辺裕太さんは

「弟が実はですね、芸能界に興味があるという話をして、ちょっと怖いですねえ」

「(弟の志望)はやっぱりお芝居を。役者」

「僕とは顔立ちが違いまして、パッチリ二重で鼻筋が通っていて、イケメンと言われるジャンルなんですよ」

と話しています。

当時、次男は大学3年生でした。

同年に榊原郁恵さんはテレビ番組で次男が小さかった頃に一緒に買い物をしていた時、次男がスカウトされたと話しました。

しかし、榊原郁恵さんはそのスカウトの人に顔を見せても気付かれることはなく、「お母さんは、息子さんを芸能界に入れることに興味はありませんか?」と言われたんだとか。

榊原郁恵の病気とは?

榊原郁恵と検索すると「病気」の関連ワードが出てきます。

調べてみましたが、榊原郁恵さんが病気をした情報はありませんでした。

病気は榊原郁恵さんではなく、旦那の渡辺徹さんのことだと思われます。

渡辺徹さんは、

2012年5月に血管が詰まりカテーテル治療を受け、2013年3月には急性すい炎にになり、2021年4月末には大動脈弁狭窄症の治療のため手術を受けています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする