小池徹平の結婚、嫁の永夏子との馴れ初めや子供について、高校や学歴、経歴

小池徹平さんは大阪府出身の俳優。

小池徹平さんは結婚していますが、嫁の永夏子さんはどんな人で馴れ初めは?

小池徹平さんの子供は?

小池徹平さんとWaTの元メンバーのウエンツ瑛士士さんとの出会いや関係は?

高校などの学歴や経歴は?

気になったので、小池徹平さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

小池徹平と嫁の永夏子との馴れ初め

小池徹平さんは2018年11月に結婚。

嫁は永夏子(はる なつこ)さん。

永夏子さんは1983年8月3日生まれ。

小池徹平さんの3歳年上。

小池徹平さんが32歳の時の結婚でした。

嫁の永夏子さんは女優で心理カウンセラー。

幼稚舎から大学まで慶応で、2003年にはミス慶應最終候補者になっています。

2004年に本名の「小林夏子」の名前で舞台デビュー。

2006年8月、東海テレビの「名古屋嬢の恋」出ドラマ初出演。

女優としては舞台を中心に活動しているようです。

2017年8月3日、本名の「小林夏子」から「永夏子」に改名。

2018年3月にOffice GENEを設立し、心理カウンセラー業を開始。

民間資格の心理カウンセリングスペシャリストの資格を取得しているようです。

小池徹平さんと永夏子さんの馴れ初めは、

「15年冬頃に共通の知人を通じて知り合い、その後交際に発展したという。」

引用 https://www.nikkansports.com/

小池徹平さんと嫁の永夏子さんは2016年6月に公開された映画「サブイボマスク」で共演していますが、それよりも前に知り合っていたようです。

小池徹平さんと永夏子さんはキャンプなどアウトドアが共通の趣味で、家も近かったといいます。

交際期間は約3年での結婚でした。

小池徹平の子供

小池徹平さんの子供は息子がひとり。(2020年現在)

2019年9月に誕生しました。

小池徹平さんは出産に立ち会ったそうです。

小池徹平とウエンツ瑛士の出会いや関係

小池徹平さんとウエンツ瑛士さんは同じバーニングプロダクション。

小池徹平さんがウエンツ瑛士さんに出合ったのは、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞して間もない頃。

大阪と東京を行き来していて、東京の高校に転校しようか考えていた頃だといいます。

小池徹平さんのウエンツ瑛氏さんに対する最初の印象は、

「なんてキレイな子なんだろう」

だったそう。

一緒に食事をするようになり、2人とも音楽が好きだということが分かったそうです。

小池徹平さんは中学2年の時から父親にギターを習い、高校2年の時には中学からためていた小遣いで高価なギターを購入していました。

最初は小池徹平さんの家で、ギターを弾いて遊んでいましたが、人前で演奏してみたいという思いになり、ユニットを結成しストリートミュージシャンを始めます。

2002年の5月頃から。代々木公園近くで路上ライブ始め、最初は聴衆ゼロの日もあったそうですが、ほぼ毎週日曜日にライブを行い、徐々に通行人も立ち止まってくれるようになり、オリジナル曲も制作。

同年の秋にはは全国7ヵ所の学園祭をまわったそうです。

2003年末には路上ライブに1,000人以上の大観客が集まり、大混乱になったため路上ライブは終了。

2004年2月にシングル「卒業TIME」でインディーズCDデビュー。

インディーズデビューイベントには平日にも関わらず、5,000人を超すファンが集まり、動員記録を塗り替えたそうです。

2005年11月にはファーストシングル「僕のキモチ」をリリースしメジャーデビュー。

オリコン初登場2位を記録。

「WaT」は2010年9月まで10枚のシングルをリリースしますが、すべてオリコン10位以内に入っています。

2016年2月に解散。

「WaT」の解散理由は、後に小池徹平さんは、

「僕らは10年やってるけど、5年間活動していない。それぞれ個々の仕事をしていて、しかも成立してしまっていた。なかなか時間が合わない。僕は役者に比重を置いていたので音楽で100%出し切るというのがすごく難しくなってきた」

と話し、ウエンツ瑛士さんも、同じように、

「仕事が忙しくなり、WaTの優先度を下げなければいけなくなった」

と話しました。

小池徹平さんとウエンツ瑛士さんが不仲との噂もありますが、解散後直後にフジテレビ系の「ダウンタウンなう」に2人で出演しています。

小池徹平さんはウエンツ瑛士さんがイギリス留学中もはLINEでやり取りしていることを明かしています。

「英語も普通にしゃべれるようになっているみたいです。送られてくる写真も毛むくじゃらで男っぽくなりましたね」

引用 https://news.biglobe.ne.jp/

小池徹平さんは「ダウンタウンなう」に出演した時も、

「音楽的な不満はありましたよ。人間的にはないです」

と話し、ウエンツ瑛士さんがトーク番組に出演した際には小池徹平さんがインタビューに答えるなど関係は良好で仲は良いようです。

小池徹平の高校などの学歴や経歴

名前   小池徹平
生年月日 1986年1月5日
身長   167cm
出身   大阪府大阪狭山市
所属   バーニングプロダクション

小池徹平さんは大阪市大阪狭山市生まれ。

兄弟は3歳下の弟。

子供時代は家で遊ぶよりも外で遊ぶのが大好きだったといいます。

中学時代はバスケットボール部に所属。

高校は長野高校に進学。

長野高校は大阪府河内長野市にある男女共学の府立高校。

現在の偏差値は53

高校時代はフォークソング部に所属。

部員とコブクロなどのコピーをいていたそうです。

高校2年から堀越高校のトレイトコースに転校。

同級生には、城田優さん、山下智久さん、蒼井優さん、上戸彩さんがいたそうです。

城田優さんとは文化祭の時、バンドを組んで演奏したこともあったそうです。

15歳の高校1年の時、第14回(2001年)ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリに応募し、応募総数約15000人の中からグランプリを受賞。

2002年7月、フジテレビ系のドラマ「天体観測」で俳優デビュー。

初出演のドラマ「天体観測」ではNGを連発し監督に何度も怒られたといいます。

2004年7月、フジテレビ系のドラマ「WATER BOYS2」に出演。

小池徹平さんは当時、ほとんど泳げず撮影まではスポーツジムで練習、撮影期間は一週間のうち6日が撮影で1日はシンクロナイズドスイミングの練習と過酷だったそうです。

同年、ウエンツ瑛士さんと「WaT」を結成。

2004年2月、「卒業TIME」でインディーズデビュー。

2005年11月、「僕のキモチ」をリリースしメジャーデビュー。

2008年7月、フジテレビ系のドラマ「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」で連続ドラマ初主演。

2016年2月、「WaT」解散。

同年、舞台「1789」「キンキーブーツ」での演技が評価され、

第42回菊田一夫演劇賞・演劇賞

を受賞。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする