田畑智子の結婚した旦那は岡田義徳!出会いは?かぼちゃ事件とは?実家は料亭?

田畑智子さん京都府出身の女優。

田畑智子の結婚した旦那は岡田義徳さんですが、出会い・馴れ初めは?

かぼちゃ事件とは?

田畑智子さん実家は料亭?

高校や大学などの学歴は?

気になったので、田畑智子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

田畑智子 経歴

名前   田畑智子
生年月日 1980年12月26日
身長   157cm
出身   京都府京都市
所属   フロム・ファーストプロダクション

田畑智子さんは京都府京都市生まれ。

田畑智子さんの父親は板前、母親は元舞妓。

兄弟は1歳年上の姉。

田畑智子さんは子供の頃、両親が忙しかったことから、元芸妓でもあった祖母に箸の持ち方、礼儀作法など京都人として厳しく躾られたそうです。

田畑智子さんは当事は辛かったそうですが、女優になった後、時代劇で着物や作法に苦労しなかったことで、現在は感謝しているそうです。

田畑智子さんは幼少期は引っ込み思案でしたが、12歳の時、映画「お引越し」のヒロインオーディションを受け合格。

1993年3月、映画「お引越し」に中井貴一さんの娘・漆場レンコ役で出演し女優デビュー。

映画「お引越し」は、第67回キネマ旬報ベスト・テンの第2位にランクインし、

第48回毎日映画コンクール日本映画優秀賞

第3回東京スポーツ映画大賞 作品賞

を受賞。

田畑智子さん自身も、

キネマ旬報新人女優賞

報知映画賞新人賞

毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞

第67回 キネマ旬報新人女優賞

第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞

などを受賞しました。

1995年2月、田畑智子さんが14歳時、テレビ東京系ドラマ「夫婦善哉」に出演しドラマデビュー。

2000年4月、田畑智子さんが19歳の時、NHKの朝ドラ「私の青空」に主演・北山なずな役で出演し、連続ドラマ初主演。

最高視聴率は28.3%、平均視聴率も24.1%と高く、視聴者の反響が大きかったことと、田畑智子さんが続編を希望したことから「連続テレビ小説」初の続編「私の青空2002」が月曜ドラマシリーズとして2002年4月3日から全8回で放送されました。

2004年11月、田畑智子さんが24歳の時、ビートたけしさん主演映画「血と骨」に金花子役で出演し、

第28回 日本アカデミー賞優秀助演女優賞

第59回 毎日映画コンクール女優助演賞

を受賞。

2012年11月、田畑智子さんが32歳の時、映画「ふがいない僕は空を見た」に、岡本里美役で出演し、

第67回毎日映画コンクール女優主演賞

を受賞。

田畑智子の結婚した旦那は岡田義徳!出会いは?

田畑智子さんと俳優の岡田義徳さんは2018年1月1日に結婚。

旦那の岡田義徳さんは1977年3月19日生まれ。

田畑智子さんの3歳年上。

結婚した時、

田畑智子さんは37歳。

岡田義徳さんは40歳。

田畑智子さんと岡田義徳さんの出会いは2011年の舞台「わらいのまち」での共演。

田畑智子さんと岡田義徳さんは共演後すぐに交際に発展。

破局と復縁を繰り返していた時期もあったそうですが、交際期間6年半での結婚となりました。
田畑智子さんと岡田義徳さんが結婚する、ちょうど1年前の2017年1月に「結婚報道」が出たことでお互いに意識し、3ヵ月後の3月には同棲を始めたそうです。

同年の9月には、岡田義徳さんは女性誌の取材に、同棲していることと、結婚を考えていること、田畑智子さんの両親にも挨拶に行ったことを明かしました。

プロポーズは岡田義徳さんから12月にされたそうですが、田畑智子さんはプロポーズに不満があったそうです。

田畑智子さんは大好きな海ほたるで、プロポーズをされたいと、それとなく伝えており、車で海ほたるを通るたびに、「お腹空いた」などと言ってみたりと、意識させようとしましたが、岡田義徳さんは全てスルー。

12月になって岡田義徳さんに言われたプロポーズの言葉は、

「1月1日に籍入れたら覚えやすいよな」

だったそうです。

田畑智子のかぼちゃ事件とは?

田畑智子さんのかぼちゃ事件とは、2015年11月5日の朝に、田畑智子さんが交際中の岡田義徳さんの自宅で怪我をし救急搬送されたことです。

報道では怪我をしたのは左手首で、一時は自殺未遂ではないかと噂されていました。

しかし、田畑智子さんはこれを否定。

田畑智子さんは11月16日に会見を開き、仕事復帰を宣言し、

「カボチャの調理中にてを滑らせけ怪我をした」

「怪我をしたのは手首ではなく、親指の付け根」

包帯が巻かれた患部を見せながら説明しました。

10針縫う怪我だったとも話し、来週には抜糸すると明かしました。

田畑智子の実家は料亭?

田畑智子さんの実家は、京都市東山区祇園の老舗料亭「鳥居本」です。

料亭「鳥居本」は享保年間(1716年から1736年までの期間)に初代・田畑與兵衛さんによって創業され300年以上続く老舗料亭。

田畑智子さんの父親・田畑善規さんは8代目当主になります。

料亭「鳥居本」で出される料理は懐石料理ですが、祇園料理といわれる料理。

祇園料理とは中国料理が長崎に伝来し、それが卓袱(しっぽく)料理と呼ばれる、一つの大皿に盛られたものを、皆で取り分けて食する料理でした。

鳥居本の初代・田畑與兵衛さんは、その卓袱料理を京風に改良して食べさせる店として創業。

その料理を長い年月をかけて歴代が工夫を凝らし続けた結果、いつしか「祇園料理」と呼ばれるようになったといわれているようです。

田畑智子の高校や大学などの学歴は?

田畑智子さんは京都聖母学院小学校を受験し合格。

聖母学院中学校から、聖母学院高校に入学します。

その後、金光第一高校(現在の金光大阪高校)に編入し卒業しています。

田畑智子さんは高校時代は書道部に所属。

田畑智子さんが通った、聖母学院高校、金光第一高校は共に、校則が厳しい高校だったそうです。

田畑智子さんは高校卒業後、龍谷大学文学部哲学科に進学。

しかし、大学入学後、朝ドラ「私の青空」の主演に抜擢されたことで忙しくなり、大学は中退しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする