益子直美の結婚した旦那は?不妊治療で子供は?病気で心臓を?安東弘樹とは?

益子直美さんは東京都出身の元バレーボール日本代表選手のタレント。

益子直美さんの結婚した旦那は山本雅道さんという方ですが、どんな方なんでしょう?

益子直美さんは不妊治療をしていたようですが、子供は?

病気で心臓手術をしたようですが、どんな病気だったんでしょう?

気になったので、益子直美さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

益子直美 経歴

名前   益子直美
生年月日 1966年5月20日
身長   175cm
出身   東京都葛飾区
所属   株式会社サイン

益子直美さんは東京都葛飾区生まれ。

父親の身長は170cmで母親の身長は164cm。

益子直美さんの両親の身長は特別高いわけではありませんでしたが、益子直美さんは小学生時代にランドセルが似合わないほどの身長にまでなったそうです。

益子直美さんはフジテレビ系で放送されていたアニメ「アタックNo.1」の影響で、中学入学後バレー部に所属。

益子直美さんが中学2年生の時には葛飾区大会で優勝。

3年生の時にはキャプテンを務め、東京都選抜に選ばれました。

1982年、益子直美さんは地元葛飾区の共栄学園高校に進学。

1984年、益子直美さんが3年生の時の第15回春の高校バレーでは当時106連勝していた、八王子実践高校に勝ち準優勝。

1985年、益子直美さんは高校卒業後、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。

1990年、益子直美さんが23歳の時には、第23回日本リーグで念願の初優勝に貢献。

1991年にはチーム主将を務め、日本代表メンバーとして活躍しましたが、オリンピックには出場できませんでした。

1992年、益子直美さんが25歳の時、現役引退。

益子直美 現役引退後

現役引退後は、1992年バルセロナオリンピックの出場選手の事前合宿レポートを務め、イトーヨーカドーアシスタントコーチを務めた後、1993年にイトーヨーカドーを退社。

退社後はタレントに転身。

1996年、益子直美さんが30歳の時には、テレビ朝日のアトランタオリンピック関連のメインキャスターに抜擢。

1997年4月から放送を開始したNHKのトーク番組「トップランナー」ではシンガーソングライターの大江千里さんと共に司会を2001年まで4年間務めました。

2015年10月からは、淑徳大学バレーボール部監督に就任し、23年ぶりの現場復帰。

6部リーグと低迷していたチームを2年で4部リーグにまで浮上させました。

益子直美の結婚した旦那は?

益子直美さんは2006年12月5日に結婚。

結婚した旦那は自転車ロードレーサーの山本雅道さん。

山本雅道さんは日本を代表する、自転車プロロードレース選手で主にイタリアやフランスで活動。

1999年、2000年の全日本選手権U-23を連覇。

2001年からシマノレーシングに所属し、同年のツアー・オブ・ジャパン大阪ステージで日本人最高位の4位となりました。

2008年、山本雅道さんが29歳の時、チームブリヂストン・アンカーに移籍し、同年7月にはツール・ド・マルティニック第8ステージで勝利。

2011年8月、31歳で現役を引退しますが、2015年にキナンサイクリングチームで現役復帰。

2016年には、奈良県を本拠地として活動する自転車ロードレースチームシエルヴォ奈良に監督兼選手として移籍しました。

山本雅道さんは1978年8月4日生まれで。益子直美さんの12歳年下。

結婚した時、

益子直美さんは40歳。

山本雅道さんは28歳。

益子直美さんと山本雅道さんは2002年、益子直美さんがテレビ番組で山本雅道さんを取材したことで出会い、2004年頃から交際に発展し、1年半の交際期間を経て。2006年12月に結婚しました。

結婚後は旦那の地元の神奈川県藤沢市で生活し、2013年6月には同市内に旦那とともにサイクル・プロショップを開店しました。

益子直美は不妊治療で子供は?

40歳で結婚した益子直美さんは子供は、

「なんとなく自然にできるんじゃないか」

と思っていたそうです。

結婚後、2年たった42歳の時、益子直美さんは、自然に子供が出来るのは厳しいと判断し、最先端の不妊治療を行う医療を行うリプロダクション科で受診。

その時の検査で、子宮にポリープが見つかり、ポリープのほかにも、膿腫、筋腫、内膜症も見つかり、まず、その治療に3ヶ月かかったそうです。

益子直美さんはブログで、

「普段からちゃんと婦人科系の検査をしていれば、、、と後悔をしました。」

と書いています。

その後、益子直美さんは仕事をセーブし不妊治療を開始。

「年間200万円ぐらい」

かかった不妊治療費のため仕事を完璧にやめることはできなかったそうです。

益子直美さんは、うまくいかない不妊治療の不安からか、家族や友人励ましも悪くとってしまい自己嫌悪にかられたそうです。

その、益子直美さんの苦しむ姿に旦那の山本雅道さんは不妊治療のタイムリミットをもうけることを提案。

どうしても子供がほしかった益子直美さんは、不妊治療を続けることを望みますが、旦那の山本雅道さんは、

「2人で楽しく、幸せになることを考えたい」

「直美の笑顔が見たい」

と話し合い、子供は出来ませんでしたが、2011年5月20日の益子直美さんの誕生日に不妊治療に使っていた、体温計、排卵周期グラフ、ホルモン療法の薬などを全て捨て、不妊治療を卒業しました。

益子直美は病気で心臓を?

益子直美さんは50歳を迎えた頃、少しの運動で息が上がるようになったり、仕事帰りの飛行機で脈が速くなったりすることがあったことから、2017年3月半ばに病院で受診すると、不整脈の一種である心房細動と診断を受けたそうです。

益子直美さんの病状は重篤ではないものの、放置していると、脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクもあるため、「心房細動」の手術を受けることを決断。

2017年4月13日に受けた益子直美さんの手術は無事成功し、手術から2カ月後に早くも監督業に復帰しました。

益子直美と安東弘樹との関係は?

益子直美と検索すると「安東弘樹」の関連ワードが出てきます。

益子直美さんと安東弘樹アナウンサーはどんな関係なのか調べてみると、1996年頃に益子直美さんと安東弘樹さんに交際の噂があったようです。

益子直美さんと安東弘樹さんは結婚寸前だったとの話もあったようですが、かなり昔の話しなので、報道された記事などの情報は残っていませんでした。

安東弘樹さんは2005年9月にタレント・川幡由佳さんと結婚しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする