小栗泉(アナウンサー)は結婚してる?子供はいる?話し方が遅いから嫌い?

Sponsored Links

小栗泉さんは日本テレビの元アナウンサー

小栗泉さんは結婚しているのでしょうか?

旦那はどんな方なんでしょうか?

子供はいるのでしょうか?

小栗泉さんに話し方が遅いので嫌いという声も。

気になったので、小栗泉さんについて調べてみました。

[ad#ad1]

小栗泉 経歴

名前   小栗泉
生年月日 1964年8月27日(52歳)
出身   東京都
所属   日本テレビ報道局政治部
役職   副部長

小栗泉さんは東京都出身。

1988年、日本テレビに入社。

小栗泉さんはの同期には、福澤朗さん、村山喜彦さん、関谷亜矢子さん、永井美奈子さんがいます。

小栗いずみさんは日本テレビ入社後から、報道局一筋。

社会部、政治部(自民党担当)などを経験しました。

バラエティの経験はないようです。

その後、「NNNニュースダッシュ」や「NNNきょうの出来事」などのニュース番組のキャスターを歴任。

2007年8月、小栗泉さんが43歳の時、日本テレビを退社。

退社後はアメリカに留学。

ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院ライシャワー東アジア研究所客員研究員・上級研究員を務めました。

その後、留学中に日本テレビの再雇用制度がッ出来たため、第一号として復職。

2011年、政治部デスクに異動。

2013年4月から「news every.」月~ 木曜日の第1部に報道局解説委員・コメンテーターとして出演。

小栗泉の高校は?

小栗泉さんの高校は

立教女学院高等学校

偏差値は60

立教女学院は東京都杉並区にある米国聖公会系のミッション・スクール。

2005年から一定要件を満たした希望者全員が立教大学へ内部推薦進学ができるようになったそうです。

現在では毎年60%程度の学生が立教大学に進学するようです。

立教女学院は中学、高校だけでなく、小学校もあり、小栗泉さんは小学校から立教女学院のようです。

有名な卒業生は

野際陽子(女優、元NHKアナウンサー)

松任谷由美(ミュージシャン)

市毛良枝(女優)

などがいます。

小栗泉の大学は?

小栗泉さんの大学は

青山学院大学文学部英米文学科

偏差値は62

大学時代はクラブ活動で英語ディベートを経験したそうです。

このことが、記者を目指すきっかけになったんだとか。

小栗泉の父親は声優!

小栗泉さんの父親は声優でした。

小林恭治さん

1931年9月3日生まれ

早稲田大学卒業後、劇団で俳優活動を行っていましたが、落ち着い語り口に定評があり、ナレーターなど声の仕事が増えていったそうです。

1966年、小林恭治さんが35歳の時、おそ松くんのイヤミ役で声優デビュー。

アニメや洋画の吹替えもしていますが、ナレーターとしての仕事が多かったようです。

小栗泉さんは父親の小林恭治さんについて

「仕事に対してプライドを持っていましたし、頑固な父でもありました」

と話してします。

小栗泉は結婚してる?子供は?

小栗泉さんは結婚しています。

旦那は東京新聞政治部記者の小栗康之さん

結婚したのは小栗泉さんが50歳の時

最近のことですね。

子供については不明ですが、小栗泉さんが結婚した年齢えお考えると、いない可能性の方が高いと思います。

小栗泉は話し方が遅いから嫌い?

小栗泉と検索すると「話し方」「遅い」「嫌い」などのキーワードが出てきます。

小栗泉さんはベテランでキャスター経験の豊富なのですが、話し方には好き嫌いがあるようです。

小栗泉さんの話し方が池上彰さんに似ているとの声もありました。

小栗泉さんは、丁寧で話が入ってくるという声もありますが、アナウンス技術だけでなく、声や話し方などは人によって好みがあるようですね。

丁寧に話すことが、話し方が遅いと捉える人もいるようです。

でもやはり、そういった声は少数派のようですね。

小栗泉の年収は?

小栗泉さんは50歳を過ぎていますし、役職も副部長。

年収も気になりますね。

調べてみると

小栗泉さんの推定年収は2100万円との記事を見つけました。

ただ、2005年の記事なので、小栗泉さんが1度日テレを退職する前のことです。

現在は、副部長ですしもっと年収は高いでしょうね。

日本テレビの平均年収は、1500万円弱ぐらいとのことなので、もしかしたら、3000万円近くあるかも知れませんね。

小栗泉 最後に

小栗泉さんはアナウンサーとして入社し、ニューズ番組でキャスターを長く務めましたが、現在はアナウンサーではないようですね。

立場的には、政治記者のようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする